ソニー生命の世界株式がすごいと聞くけど本当なのか現役FPが徹底解説!

  • ソニー生命の世界株式がすごいお金が増えるってオススメされたんだけど
  • 投資初心者の私にはそれが本当なのかよくわからない…
  • そんなにすごいならNISAで投資するよりもいいのかな…
  • 自分だとわからないから、誰か客観的に見てソニー生命の世界株式について教えて!

ソニー生命の世界株式なら積立金がすごく増えるからと銀行の普通預金と比較してオススメされて、本当に良いのかわからないと迷ってしまう人が多いです。

そんなに増えるならみんなNISAよりソニー生命の世界株式で投資しているはずだし、変額保険の口コミや評判はもっと良いはずですが、本当にすごい投資先なのでしょうか。

そこでこの記事では、業歴13年現役FPとして2,000世帯以上の家計・保険見直しを受けてきた筆者がソニー生命の世界株式はオススメできるくらいすごいのかを客観的数値をもとに完全中立にぶっちゃけ解説します。

最後まで読めば、世界株式に投資すべきかどうかが判断できるようになります。

《この記事の要点》
  • ソニー生命の世界株式はすごいという評判通り、優秀なアクティブファンド
  • でも、保険関係費(手数料)のせいで実質利回りは見積書利回りよりかなり低くなってしまう
  • 運用レポート上の利回りはソニー生命の世界株式に劣るが、NISAで王道インデックスファンドへの投資の方が実質利回りが高くなる可能性は充分ある。
  • 保険・投資で損したくないなら経験豊富なFPに相談できる【ほけんのぜんぶ】セカンドオピニオンを含めて相談すれば悩みを解決できるのでオススメ。

あらゆるお金の悩みはお金のプロに無料相談で解決!必ず貰えるプレゼントも好評!

目次

ソニー生命の世界株式型とは

世界株式型とは

ソニー生命の変額保険に入った人が選べる運用先(以下ファンド)の一つです。

主に日本を含む先進国の株式等を主要投資対象としており、モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメント株式会社の運用助言を受けながらの運用をしています。

2023年11月時点の運用レポートでは45社への分散投資、業種は情報技術関連企業への投資比率が高く、主にアメリカ企業に投資されています。

ソニー生命公式HP 2023年11月度「SOVANI特別勘定の現況」より出典
ポイント

「世界株式型」と聞くと全世界のたくさんの企業に投資しているイメージを持つ人が多い。
しかし、アクティブファンドなので組入銘柄数は45社と少なく、現状はほとんどアメリカ企業へ集中投資されている。

資産規模が他ファンドより圧倒的に大きい

世界株式型と他ファンドの資産規模を比較すると、世界株式型に投資する人が圧倒的に多いことがわかります。

スクロールできます
ファンド名資産規模
(2023年11月時点)
世界株式型21,081億
株式型2,596億
世界コア株式型1,891億
世界債券型1,676億
債券型1,203億
総合型1,112億
日本成長株式型1,089億
短期金融市場型178億
2023年11月度「変額保険(特別勘定)の現況」より出典
ポイント

資産規模が大きいということは、それだけそのファンドに投資している人が多いということ。

世界株式型と類似ファンドの違い

ソニー生命の変額保険によって世界株式型に似たファンドがありますが、運用方針や組入銘柄数など違いがあります。

「世界株式型」と「世界株式型GQ」は区分を分けていますが運用会社は三菱UFJアセットマネジメント株式会社(投資助言会社はモルガン・スタンレー)、投資信託名もグローバル・クオリティ・ファンドSLと中身は一緒です。

スクロールできます
ファンド名変額保険種類運用方針組入銘柄数騰落率
(1年)
世界株式型・変額保険(終身型)
・変額保険(有期型)
・変額保険(定期型)
・変額個人年金
アクティブ45銘柄+20.17%
世界株式GQ変額個人年金(22)SOVANIアクティブ45銘柄+20.4%
世界株式型GI変額個人年金(22)SOVANIアクティブ30銘柄+32.1%
海外株式型MSP変額個人年金(22)SOVANIインデックス1,273銘柄+28.3%
2023年11月度「変額保険(特別勘定)の現況」2023年11月度「SOVANI特別勘定の現況」より出典
ポイント

変額個人年金(22)が販売されて間もないので、騰落率は直近1年(2023年11月末時点)でまとめています。
騰落率を測る期間が短すぎるので、あくまで参考程度に見ておきましょう。

世界株式型に投資できる保険はこれ

以下5つの変額保険から世界株式型へ投資することが出来ます。

  • 変額保険 バリアブルライフ(終身型)
  • 変額保険 バリアブルライフ(有期型)
  • 変額保険 バリアブルライフ(定期型)
  • 変額個人年金
  • 変額個人年金(無告知22)SOVANI
ポイント

変額個人年金(無告知22)SOVANIだけ「世界株式型GQ」というファンド名になっているが中身は一緒。


運用助言会社はモルガン・スタンレーだが運用方針が変わってます

2022年9月に世界株式型の改訂があり、運用会社や運用方針が変わりました。

改訂前
(2022年8月まで)
改訂後
(2022年9月〜)
・運用会社:ソニー生命
・助言会社:モルガン・スタンレー
運用方針:ソニー生命が独自に組入銘柄選定し個別株で運用
・運用会社:三菱UFJアセットマネジメント
・助言会社:モルガン・スタンレー
運用方針:投資信託「グローバル・クオリティ・ファンドSL」で運用
ポイント

改訂により投資信託での運用に切り替わっており魅力が落ちた
という声も。


ソニーの世界株式型はすごい?利回りを検証!

世界株式型の設定来利回り(1999年5月〜2023年11月)は年率12.08%、設定来騰落率は+1,550%という良い運用成果となっており、これが「ソニー生命の世界株式はすごい!」「入った方がいい!」と言われる理由です。

2023年11月度「変額保険(特別勘定)の現況」より出典

でも、「利回り」と運用に関わる費用を引いた後の「実質利回り」は異なるので、どれくらいの差があるのかを次のパートで検証します。

ポイント

1999年5月に世界株式型に100万円を投資していたら、24年6ヶ月後の2023年11月に1,550万円になっていたことになります。

世界株式型の実質利回りをチェック!

バリアブルライフ(有期型A)をもとに見積書上の運用成果だった場合の実質利回りを計算した結果、利回りよりもかなり低くなることがわかります。

これは、「保険関係費(手数料)」が積立金から差し引かれているので、実際に積立投資されている金額が少ないからです。

検証条件
  • 商品名:バリアブルライフ(有期型A)
  • 年齢 : 30歳
  • 性別 : 男性
  • 月額保険料 : 20,064円
  • 累計保険料:963万円
  • 保険期間・保険料払込期間:70歳まで

※運用益への課税は考慮していません※

スクロールできます
見積書上の利回り70歳時点
解約返戻金
実質利回り
年率3%の場合1,320万年率0.79%
年率6%の場合2,781万年率2.68%

「見積書上の利回り」と「実質利回り」の乖離分が、気付かないうちに保険会社に払っている手数料率であり、実質的な掛捨て保険料です。

世界株式型が10%以上の利回りでも、実際のリターンとなる実質利回りで考えると必ずもっと低くなることを理解しておきましょう。

ポイント

保険関係費(手数料)は保険特有の手数料であり、保険以外で投資するなら掛かりません。

あらゆるお金の悩みはお金のプロに無料相談で解決!必ず貰えるプレゼントも好評!

他社の世界株式型との比較検証

アクサ生命のユニットリンクの世界株式型と比較されるケースは多く、どちらも優秀なファンドです。

でも、アクサ生命は「有期型」の変額保険しかありません。

スクロールできます
ファンド名運用方針設定日運用手数料組入銘柄数年利回り
(設定来)
世界株式型アクティブ1999年5月年率0.2462%
(税込)
44銘柄年率12.91%
ユニットリンク
世界株式プラス型
アクティブ2018年2月年率0.7730%
(税抜)
274銘柄年率13.72%
2023年11月度「変額保険(特別勘定)の現況」、ETFは myindexより出典



「S&P500」や「全世界株式」と比較検証

NISAを代表する人気投資先である「S&P500」や「全世界株式」と、ソニー生命の世界株式型を直近10年間の運用レポートをもとに比較して見ました。

ちなみに、世界株式型との比較はS&P500は「VOO」、全世界株式は「VT」というETFの数値を使います。

スクロールできます
ファンド名運用方針運用手数料組入銘柄数年利回り
(10年)
世界株式型アクティブ年率0.2462%
(税込)
44銘柄年率13.69%
VOO
(S&P500)
インデックス年率0.03%
(税抜)
500銘柄年率12.1%
VT
(全世界株式)
インデックス年率0.08%
(税抜)
2,831銘柄年率8.1%
2024年1月度「変額保険(特別勘定)の現況」、ETFは myindexより出典

これだけを見れば世界株式型は優秀な投資先と言って良いのではないでしょうか。

でも、ソニー生命の世界株式型は保険関係費(手数料)がさらに差し引かれてしまう影響で、

実際の運用成果となる「実質利回り」だと、相当ハイパフォーマンスじゃない限りVOOやVTの実質利回りより低くなる可能性が高いです。

ポイント

いくら運用利回りが良くても手数料が高ければ利回りは落ちてしまう。

利回り20%だけど手数料が年18%掛かっていたら、実質2%しか増えないというようなイメージです。

あらゆるお金の悩みはお金のプロに無料相談で解決!必ず貰えるプレゼントも好評!

デメリット

  • 【デメリット①】実質利回りが低くなる
  • 【デメリット②】一時所得税が掛かる
  • 【デメリット③】早期解約は損する可能性が高い

【デメリット①】実質利回りが低くなる

ソニー生命の世界株式型の運用成果は優秀ですが、保険関係費(手数料)が差し引かれる影響で実質利回りが低くなってしまいます。

実質利回りを求めるならバリアブルライフに限らず、保険で貯金・投資をすべきではありません。

ポイント

保険関係費(手数料)が高すぎるから変額保険はやめたほうがいいという口コミは多い。

あらゆるお金の悩みはお金のプロに無料相談で解決!必ず貰えるプレゼントも好評!

【デメリット②】一時所得税が掛かる

一定以上の運用益が出ると一時所得税が掛かります。

せっかく投資して増えたのに税金取られちゃうの?
黙ってればバレないんじゃ…

残念ながら、解約返戻金を受け取ると保険会社はあなたの所管税務署に支払調書を必ず送付するので黙っていてもバレます。

もし確定申告や住民税の申告が必要なら対応しなければいけないのを面倒だと感じる人は多いです。

【デメリット③】早期解約は損する可能性が高い

変額保険は契約10年未満で解約すると「解約控除」という罰則があり、損する可能性が高くなります。

これも、保険特有のデメリットです。

世界株式に投資して儲かっている人はたくさんいる

世界株式に長く投資しているなら、積立金が増えて儲かっている人はたくさんいるのは事実です。

既にソニー生命のバリアブルライフや変額個人年金に入っているのに世界株式に投資していない、組入比率が低いという人で今後も長く続けていくなら組入比率を変更しましょう。

ソニーの世界株式で投資するなら変額個人年金がオススメ

変額個人年金で世界株式型に投資した方が、保障がない分の保険関係費(手数料)を抑えて運用してもらえます。

ソニー生命の最新の変額個人年金なら積立の自由度が高く、長く続けやすい仕組みになっています。

これから変額保険に入ることを考えているなら、ぜひ比較検討してください。

あらゆるお金の悩みはお金のプロに無料相談で解決!必ず貰えるプレゼントも好評!


デメリットを理解した上でソニー生命の世界株式で投資したい

  • 保険営業の説明だけでは理解しきれなかった
  • バリアブルライフの提案を受けたけど、難しくてよくわからなかった
  • お金が増えると良い話すぎて不信感を感じて自分で調べようと思った

このブログを読んでいる人は、このように感じている人が多いと思います。

変額保険は非常に複雑な保険で、メリット・デメリットや自分に適不適かしっかり理解した上で入らないと、あとで後悔する可能性が高いです。

読者の方には、そうなって欲しくありません。

  • 担当の保険営業の案内に疑問をもった
  • 変額個人年金の案内がなく、変額有期保険の説明しか受けていない
  • NISA・iDeCoと詳しく比較してから決めたい
  • 保険に固執せず幅広い金融商品の中から最適な積立方法を知りたい

このように思うなら、相談者満足度が高い【ほけんのぜんぶ】でセカンドオピニオンを含めて相談することをオススメします。

【ほけんのぜんぶ】は知識・経験豊富なFPに相談できるので、最適な貯金方法は何か、保険・NISA・iDeCoなど保険以外の金融商品との違いを詳しく比較しなら、あなたに最適な保険と貯金方法が見つけられます。

FPへの相談はあらゆるお金の悩みを相談できるので、金融、税制、不動産、住宅ローン、保険、教育資金、年金制度など、避けては通れないお金の悩みをなんでも相談できるのがメリットです。

スマホやタブレットで、どこでもオンライン相談もできて、押し売りは一切なしとホームページで公言しているので安心です。

FPにあらゆるお金の相談ができる【ほけんのぜんぶ】でまずは気軽に無料相談をしてみましょう

あらゆるお金の悩みはお金のプロに無料相談で解決!必ず貰えるプレゼントも好評!




保険と投資を分けたい人へのおすすめ

投資と保険は分けたいと思っても実際のところ、

  • 『投資というだけで難しそう…』
  • 『何から始めたらいいのかわからない…』
  • 『投資はやりたいけど出来るだけ損したくないな…』

このように思われる方も多いと思います。

私も以前は同じように考え、中々行動に移れずただ銀行貯金するだけでした。

ですが単純に貯金してもお金はふえません。

低金利時代で収入も上がりにくい今の時代こそ、『投資をすること』はあなたの10年、20年後の未来を大きく変えます。

  • 早いうちから無駄なく将来に備えたい
  • 自分に合った投資方法や資産配分を知りたい
  • 投資するなら損するリスクを少しでも減らしたい
  • 家計負担を抑えたい
  • 将来のお金の不安を解消したい

もしあなたがこの様に思ったなら、日本ファイナンシャルアカデミーが主催する金融初心者向けのマネーセミナーお金の教養講座に無料参加がオススメです。

なぜなら、日本ファイナンシャルアカデミーは設立20年超の老舗マネースクールであり、『金融商品販売目的』の他セミナーとは違い、金融商品販売は一切せず完全中立な立場でお金が貯まりやすい家計管理術や投資基礎までプロから無料で学べます。

実際の受講者さんで貯金が苦手だった人も、ここでお金と投資の基礎を勉強して家計の無駄をなくすことに成功し、貯金0円の状態から2年以内に100万円以上の資産形成に成功した人も多くいます。

お金の教養講座は金融商品販売をされることもなく完全無料で参加できてリスクゼロです。

まずは気軽に受講してみましょう。

金融知識は将来自分に100%返ってきます。

もしあなたがこれからお金や投資の知識を身につけ、投資を始めて行けば今抱えているお金の心配から解放された生活を送れることでしょう。

ぜひこの機会にお金の勉強の第一歩としてをお金の教養講座で自分の知りたい無料勉強会を受講してみましょう。

老舗マネースクールのお金のプロが教える金融知識のはじめの一歩!投資初心者に優しい内容!

まとめ

まとめ・結論
  • ソニー生命の世界株式の運用成果を見る限り優秀なファンドです。
  • 世界株式がすごいというのも事実と言っていいでしょう。
  • でも、運用利回りがどれだけ良くても保険関係費(手数料)が引かれて実質利回りは低くなる
  • 実際の運用成果となる実質利回りを重視するならNISAでS&P500インデックスや全世界株式インデックスでの投資が客観的にみてオススメです。
  • 【ほけんのぜんぶ】なら、最適な資産運用や保障の備え方を見つけられるのでオススメ
  • 投資信託以外の投資も知っておくと視野が広がる!お金の教養講座で知識を身につけよう!

あらゆるお金の悩みはお金のプロに無料相談で解決!必ず貰えるプレゼントも好評!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大手保険代理店系FPとして10年以上勤めています。
保険やお金について無知な相談者が非常に多く、保険営業の良いカモにされてしまっているケースを何百件もみてきました。
このブログはそんな方を少しでも減らせるように、保険やお金の知識武装をして欲しいと考えて立ち上げました。

質問や記事リクエスト、記事執筆も承りますので問い合わせからお願いします。

目次