【ペナルティあり】ユニットリンクを10年未満で解約すべきか徹底解説!

  • ユニットリンクを解約しようと思っているが、出来れば損したくない…
  • 気持ち的に今すぐやめたいけど、やめ時がわからない…
  • 10年未満の解約は解約控除(ペナルティ)があるっていうし…
  • 解約の仕方や流れもわからない…

ユニットリンクを解約してNISAやiDeCoを始めたいけど、解約のタイミングによって大きく損してしまうので、いつがやめ時なのか迷ってしまうケースは多いです。

いざ解約しようと保険営業や保険代理店に解約申し出しても、「代案を提案させて欲しい」「辞めるのは勿体無いからもう一度考えてほしい」「直接会って話しましょう」など、解約を抑止してくる場合もあります。

でも解約するなら、解約を迷っている時間がもったいないです。

そこでこの記事では、業歴13年現役FPとして2,000世帯以上の相談を受けてきた筆者が、ユニットリンクを解約しようか迷っている人向けに、具体的にいつ解約すべきなのかを解説します。

最後まで読めば、解約のタイミングで迷わなくなります。

この記事でわかること
  • NISAを始めるなら大損してでも解約した方がいい理由
  • 10年後に解約するメリットはない理由
  • 解約したあとの保障の備え方

保険・投資の無駄ない備え方はプロに無料相談して悩みを解決!

\無理な勧誘一切なし!全国どこでもオンライン相談で悩みを解決/

公式サイト:https://www.moneypro.jp



目次

いつ解約すべき!?2つの判断基準!

  • 加入年数が短いなら迷わず解約しよう
  • あと2〜3年で契約10年経過するならそれまで継続もあり

加入年数が短いなら迷わず解約しよう

早期解約で大損しても、解約してNISAで投資していくならユニットリンクをすぐに解約すべきです。

20年、30年とNISAで長期投資していけば、運用益でユニットリンクの損失を取り戻せる確率が高いからです。

でもNISA・iDeCoを始めるとしても、最低限の知識と正しい金融機関選びは必要不可欠といえます。

NISA・iDeCoを始めるなら知っておくべきこと
  • NISA・iDeCoを始める金融機関によって投資できる銘柄は違う
  • 自分のリスク許容度と考えにあった投資先の選び方
  • 暴落時の対処法・心構え

NISA・iDeCoをどう始めたら良いかわからない…

それならNISAなど保険以外の金融商品もまとめて扱うFPに相談できるマネプロで無料相談すれば、どんなお金の悩みも全て解決できるのでオススメです。

ユニットリンクでの損失は勉強代と割切って早く解約し、より良い未来を手にいれるためにNISA・iDeCoを優先利用しましょう。

損しない保険・投資をしたいならプロに無料相談して悩みを解決!

\無理な勧誘一切なし!全国どこでもオンライン相談で悩みを解決/

公式サイト:https://www.moneypro.jp



あと2〜3年で契約10年経過するならそれまで継続もあり

あと2〜3年で契約10年経つなら、解約せずに継続もありです。

契約10年以上経つと解約控除ペナルティなしで解約できるからです。

でも「貯めたお金を使う時期」がまだ15年以上先なら、解約控除がなくなるのを待たずにユニットリンクを解約し、NISAに切り替えた方が長い目でみてお金を増やせます。

また解約控除がある契約10年未満でも相場が良ければ元本割れせずに解約できることもありますので、その場合は迷わず解約しましょう。

10年後に解約するメリットは特にない

10年後に解約するメリットは解約控除がなくなるだけです。

解約控除がなくなるまであと少しという人でも、早くNISAに切り替えるために損してでも解約するケースも多いです。

せっかく10年続けたし解約は勿体無い気がする…

保険料は払いたくないけど、ユニットリンクは払済保険で継続しても良いかな…

このように、解約しようか迷っているなら払済保険への変更という手段もあります。

でも、払済保険にするメリットは薄いので筆者としてはオススメしません。

損しない保険・投資をしたいならプロに無料相談して悩みを解決!

\無理な勧誘一切なし!全国どこでもオンライン相談で悩みを解決/

公式サイト:https://www.moneypro.jp

ユニットリンクを解約すると損してしまう理由

  • 【損する理由①】解約控除がある
  • 【損する理由②】手数料が大きくかかるのが損する原因に…
  • 【損する理由③】早期解約は大損する

【損する理由①】解約控除がある

契約10年以内の解約・減額は『解約控除』というペナルティがあり、本来の解約払戻金から所定の解約控除率が控除されてしまうので損しやすいです。

解約控除率は加入年数に応じて決まり、一般的には以下の通りです。

経過年数解約控除率
1年目10%
2年目9%
3年目8%
4年目7%
5年目6%
6年目5%
7年目4%
8年目3%
9年目2%
10年目1%
11年目〜なし

早期解約ほど損してしまうのは、解約控除率が高いのも1つの要因です。

10年以内で使うお金を積立るなら、ユニットリンクは使わない方が良いことがわかります。




【損する理由②】手数料が大きくかかるのが損する原因に…

ユニットリンクは保険料から引かれる「保険関係費(手数料)」が高く、損する要因です。

保険料から手数料を大きく引かれてしまい、投資にまわる積立金が少なく運用効率が悪くなるからです。

保険営業や保険代理店への販売手数料、保険会社運営に必要な事業費、死亡保険料などは全て『保険関係費』として引かれており、実質的な掛け捨て保険料となっています。

NISAは保険関係費なく投資ができるので運用効率がよく、ユニットリンクより元本割れリスクが低いです。

たとえNISAを早期解約しても、ユニットリンクほど損せずにすみます。


【損する理由③】早期解約は大損する

早期解約すると解約払戻金はあってもごく僅かで、大損してしまいます。

早期解約で大損する原因
  • 保険関係費が引かれており投資に回っている積立金が少ない
  • 解約控除率が高い

特に契約5年以内での早期解約は、相場がよくても大損する可能性が高いです。

NISAは保険関係費なく運用ができると、投資される積立金がユニットリンクと比べ圧倒的に多いので運用効率が良くなります。

投資・運用商品として客観的にみて、ユニットリンクの方が損するリスクが高いです。

ちなみに筆者はNISAを5年継続しており、2024年6月時点で積立金は1.5倍に増えておりユニットリンクでの同期間の成績を大きく上回っています。

損しない保険・投資をしたいならプロに無料相談して悩みを解決!

\無理な勧誘一切なし!全国どこでもオンライン相談で悩みを解決/

公式サイト:https://www.moneypro.jp

ユニットリンクで多い解約理由

  • 【解約理由①】保険以外で投資した方が良いことがわかった
  • 【解約理由②】保険は掛捨てが一番合理的
  • 【解約理由③】死亡保険はいらない

【解約理由①】保険以外で投資した方が良いことがわかった

保険以外で投資した方が手数料を抑えられるので運用効率が高く、ユニットリンクより運用成果が良くなる可能性が高いです。

投資をしたいなら運用益が全額非課税にできるNISAを優先的に利用しましょう。

2024年1月からの新NISAは使わないと勿体無いレベルの神制度です。

NISAを始めたいけど何に投資していいかわからない…

それなら【ニッセイ外国株式インデックスファンド】や【eMAXIS Slim先進国株式インデックスファンド】なら、ユニットリンクの外国株式型と同じ運用ができます。

NISAで同じ運用方針のファンドに投資するだけで、将来の運用成果は大きく変わるでしょう。

保険・投資は知識豊富なFPに相談して悩みを解決!オンライン相談は全国対応!

\無理な勧誘一切なし!全国どこでもオンライン相談で悩みを解決/

公式サイト:https://www.moneypro.jp




【解約理由②】保険は掛捨てが一番合理的

ユニットリンクは無料で保障が持てる訳ではなく、保険関係費(手数料)として実質的な掛け捨て保険料を払うことで保障が持てています。

それなら掛け捨て保険に割り切って入った方が、ユニットリンクで払う保険関係費よりも掛け捨て保険料を抑えられることを、保険営業は教えてくれません。

保険は掛捨てに見直して保険料を抑えつつ、投資はNISAを始めたい。

男性

ユニットリンクの運用益に課税されるなら、NISAの非課税投資は魅力的だし使いたい。

それなら保険は掛捨てで十分かな。

このような解約理由は非常に多く、実際に経済合理性が高い考え方なので筆者としてもオススメです。

保険・投資は知識豊富なFPに相談して悩みを解決!オンライン相談は全国対応!

\無理な勧誘一切なし!全国どこでもオンライン相談で悩みを解決/

公式サイト:https://www.moneypro.jp



【解約理由③】保障がいらない

保障がいらないなら、ユニットリンクに入るメリットは何一つありません。

保険関係費(手数料)が掛かり、保険以外の投資より運用成果が悪くなるからです。

この保険関係費(手数料)が運用成果に与える影響は非常に大きく、実質利回りは見積書の利回りよりかなり低くなってしまうことを理解しておきましょう。

投資をしたい人にとっては、ユニットリンクに入った時点で損することになってしまいます。



解約返戻金がいくらなのかを調べる方法

  • 【方法①】Emma byアクサで確認
  • 【方法②】電話で確認

【方法①】Emma byアクサ(マイページ)で確認

Emma byアクサ(マイページ)に登録すると、現時点の運用結果を携帯やPCでいつでもどこでも確認できます。

もし未登録なら今後継続する場合も登録しておくと便利です。

登録時には証券番号が必要なので、手元に準備してから登録しましょう。




【方法②】電話で確認

アクサ生命のカスタマーセンターか、契約手続きした保険代理店へ電話で確認もできます。

ネット操作が苦手でEmma byアクサでの確認ができない人や、電話で直接教えてほしい人向けです。

ポイント

運用成果 = 解約払戻金です。

解約前に必ず確認しておこう!


解約した後はどうすべき?2つのプラン!

  • 【プラン①】死亡保障は必要ないが、投資は継続したい人
  • 【プラン②】死亡保障が必要な人

【プラン①】死亡保障は必要ないが、投資は継続したい人

ユニットリンク解約後でも投資を継続するなら、NISAを始めましょう。

既に始めている人なら、ユニットリンク解約で浮いた保険料をNISAの増額に充てましょう。

2024年1月からの新NISAなら月30万円、年360万円、最大1,800万円まで投資できます。

新NISAを満額使いきれる人は少ないと思いますが、もし使い切ってしまったら次はiDeCoを使いましょう。



【プラン②】死亡保障が必要な人

子供が小さくユニットリンク解約後も死亡保障が必要なら、掛捨て保険で備えてください。

掛捨て保険なら割安な保険料で大きな死亡保障が持てる『収入保障保険』がオススメで、ユニットリンク加入時に比べて保険料をかなり節約できます。

節約できたお金の使い道は自由ですが、使う当てがなければ未来のために貯金やNISAで積立投資をしましょう。

【FPの意見】モヤモヤしているなら一旦解約!外国株に投資しているなら円安は解約チャンス!

ユニットリンクを継続したままで良いか判断しきれず、モヤモヤ状態が続くなら一旦解約するのはありです。

2024年6月現在、ドル円の為替は1ドル157円と大きく円安に振れています。

もし、ユニットリンクで世界株式プラス型や外国株式型などに投資しているなら、解約返戻金は為替の影響を受けて平時より解約返戻金が多く返ってきますので解約のチャンスです。

一旦解約してまた変額保険に入り直すメリットはないので、解約後の投資はNISAを軸に考えることをオススメします。

悩んでいても時間は止まってくれないし、その時間がもったいないです。

積立投資において元本割れをリスクを下げる最大の武器である時間を浪費するのはもったいないので、ユニットリンクはすぐ解約しましょう。

保険・投資は知識豊富なFPに相談して悩みを解決!オンライン相談は全国対応!

\無理な勧誘一切なし!全国どこでもオンライン相談で悩みを解決/

公式サイト:https://www.moneypro.jp



解約手順

  • 【死亡保険が必要ない人向け】解約手順
  • 【死亡保険が必要な人向け】解約手順

【死亡保険が必要ない人向け】解約手順

STEP
解約申し出
(アクサ生命カスタマーセンター、保険代理店、Emma byアクサ)

※契約者本人からの申し出が必須

STEP
解約書類が郵送で届くので、記入し返送
STEP
解約完了

保障がいらないなら、早めに解約しましょう。

解約完了すると解約払戻金は指定口座に振り込まれます。



【死亡保障が必要な人向け】正しい解約手順

STEP
新しい死亡保険に加入手続きをする
STEP
新しい死亡保険に入れたら、ユニットリンクの解約申し出
(アクサ生命カスタマーセンター、保険代理店、Emma byアクサ)
STEP
解約書類が郵送で届くので、記入し返送
STEP
解約完了

小さい子供がいる家庭など、ユニットリンク解約しても死亡保障が必要なら掛け捨て保険に入ってから解約しないと保障の空白期間ができてしまいます。

保障の空白期間中に死亡しても、一切保険金はもらえません。

まず掛捨て保険の中で最も保険料が抑えられる収入保障保険に入り、それからユニットリンクを解約しましょう。

保険・投資は知識豊富なFPに相談して悩みを解決!オンライン相談は全国対応!

\無理な勧誘一切なし!全国どこでもオンライン相談で悩みを解決/

公式サイト:https://www.moneypro.jp



無駄のない保険に見直したい人へ

  • このままユニットリンクに入っておくべきか自分で判断できない…
  • ユニットリンクを解約するから掛け捨て生命保険の相談をしたい…
  • 掛け捨て生命保険に入るなら、資産状況やライフプランから無駄なく加入したい…

保険に入るなら、無駄なく入りたいと誰もが思います。

保険は非常に複雑でわかりにくく作られており、メリット・デメリットや自分に適不適かしっかり理解した上で入らないと、あとで後悔する可能性が高いです。

読者の方には、そうなって欲しくありません。

  • ユニットリンクを解約するからNISAやiDeCoについて知りたい
  • ユニットリンクを解約しても死亡保障は必要だから、無駄なく見直したい
  • 掛け捨て生命保険なら、出来る限り保険料を抑えたい

このように思うなら、東証グロース市場上場企業のブロードマインド(株)が運営する保険・投資信託・住宅ローンなど幅広い金融商品をまとめて扱えるFPに相談できるマネプロで相談がオススメです。

マネプロは特定の金融機関に属さない資産形成に精通したFPに無料相談できるので、最適な資産形成はなにか、変額保険・NISA・iDeCoなど保険以外の金融商品と詳しく比較しながら、あなたに最適なマネープランが見つかります。

無料FP相談はあらゆるお金の悩みを相談できるので、金融、税制、不動産、住宅ローン、保険、教育資金、年金制度など、避けては通れないお金の悩みをなんでも相談できるのがメリットです。

スマホやタブレットから全国どこでもオンライン相談ができて、押し売りは一切なしとホームページで公言しており、ノーリスクで相談できるので安心です。

保険に捉われずに約60社の金融商品をまとめて比較相談できるマネプロで、まずは気軽に無料相談してみましょう。

NISA・iDeCoもまとめて案内!投資は早く始めるほど有利だから悩んでいる時間が勿体無い!

\無理な勧誘一切なし!全国どこでもオンライン相談で悩みを解決/

公式サイト:https://www.moneypro.jp



ユニットリンクを解約し、これから自分で投資をする人へ

保険ではなくNISAやiDeCoなど自分で投資をしようと思っても、

『投資というだけで難しそう…』

『何から始めたらいいのかわからない…』

『投資はやりたいけど出来るだけ損したくないな…』

このように思われる方も多いと思います。

私も以前は同じように考え、中々行動に移れずただ銀行貯金するだけでした。

ですが単純に貯金してもお金はふえません。

低金利時代で収入も上がりにくい今の時代だからこそ、『投資をすること』はあなたの10年、20年後の未来を大きく変えます。

  • 投資に興味はあるけど何から手をつけて良いかわからない
  • 早いうちから無駄なく将来に備えたい
  • どんな投資方法があるか教えて欲しいし、何に注意すべきか知りたい
  • 投資するなら損するリスクを少しでも減らしたい
  • 家計負担を抑えたい
  • 将来のお金の不安を解消したい

もしあなたがこの様に思ったなら、日本ファイナンシャルアカデミーが主催する金融初心者向けのマネーセミナーお金の教養講座に無料参加がオススメです。

なぜなら、日本ファイナンシャルアカデミーは設立20年超の老舗マネースクールであり、『金融商品販売目的』の他セミナーとは違い、金融商品販売は一切せず完全中立な立場でお金が貯まりやすい家計管理術や投資基礎までプロから無料で学べます。

実際の受講者さんで貯金が苦手だった人も、ここでお金と投資の基礎を勉強して家計の無駄をなくすことに成功し、貯金0円の状態から2年以内に100万円以上の資産形成に成功した人も多くいます。

お金の教養講座は金融商品販売をされることもなく完全無料で参加できてリスクゼロです。

まずは気軽に受講してみましょう。

金融知識は将来自分に100%返ってきます。

もしあなたがこれからお金や投資の知識を身につけ、投資を始めて行けば今抱えているお金の心配から解放された生活を送れることでしょう。

ぜひこの機会にお金の勉強の第一歩としてをお金の教養講座で自分の知りたい無料勉強会を受講してみましょう。

老舗マネースクールのお金のプロが教える金融知識のはじめの一歩!投資初心者に優しい内容!



まとめ

《この記事の結論》
  • 損してでも解約はあり!加入して間もないなら迷わずにすぐ解約しよう!
  • 納得できないものにお金を払うことほど、無駄なことはありません。
  • 自分の時間を使って、汗水流して稼いだ大事なお金は大切に使ってください。
  • 保障がいらない、投資・運用だけしたいならユニットリンクに入っているメリットがないので解約がオススメです。
  • 加入後間もないなら、解約して大損してでも未来を見据えてNISAに切り替えた方がお得
  • もうすぐ契約10年経つなら解約控除がなくなるので、それから解約するのもあり
  • 死亡保障がユニットリンク解約後も必要なら、保障の空白期間がないように新たな掛け捨て保険に入ってから解約しましょう。
  • NISAなど保険以外の金融商品もまとめて扱うFPに相談できるマネプロで無料相談すれば未来のお金の不安をゼロにできるのでオススメ。
  • 投資の勉強を基礎から効率よくするなら【現役FPおすすめ】偏りない知識を学べる無料マネーセミナーおすすめ3選!をチェック!

NISA・iDeCoもまとめて案内!投資は早く始めるほど有利だから悩んでいる時間が勿体無い!

\無理な勧誘一切なし!全国どこでもオンライン相談で悩みを解決/

公式サイト:https://www.moneypro.jp

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次