ペナルティあってもユニットリンクを10年未満で解約すべきか徹底解説!

  • ユニットリンクを解約しようと思っているが、出来れば損したくない…
  • 気持ち的に今すぐやめたいけど、やめ時がわからない…
  • 10年未満の解約は解約控除(ペナルティ)があるっていうし…
  • 解約の仕方や流れもわからない…

ユニットリンクを解約してNISAやiDeCoを始めたいけど、解約するタイミングによって大きく損してしまうので、いつがやめ時なのかと迷ってしまうケースは多いです。

いざ解約しようと保険営業や保険代理店に解約申し出しても、「代案を提案させて欲しい」「辞めるのは勿体無いからもう一度考えてほしい」「直接会って話しましょう」など、解約を制止してくる場合もあります。

でも、解約するなら解約を迷っている時間がもったいないです。

そこでこの記事では、業歴13年現役FPとして2,000世帯以上の相談を受けてきた筆者が、ユニットリンクを解約しようか迷っている人向けに、具体的にいつ解約すべきなのかを解説します。

最後まで読めば、解約のタイミングで迷わなくなります。

《この記事の結論》
損してでも解約はあり!加入して間もないなら迷わずにすぐ解約しよう!

NISA・iDeCoを始める予定なら、例え1年未満の早期解約で大損しても今すぐ解約はあり。

その損失はNISA・iDeCoを長期継続すれば取り戻せる可能性が高いので、勉強代として割り切ることをオススメします。

もし、もうすぐ契約10年目を迎えるなら、10年経過後に解約か払済保険に変更もありです。

ユニットリンクを解約しても保障が必要な人は、先に掛捨て保険に入ってからユニットリンクを解約すれば保障の切れ目なく切り替えられます。

解約すべきかの相談、保険・投資で損したくないなら経験豊富なFPに相談できる【ほけんのぜんぶ】でセカンドオピニオンを含めて相談すれば悩みを解決できるのでオススメ。

スマホ・PCでのオンライン相談なら全国どこでも隙間時間に相談できる上、無理な勧誘一切なしと公言しており気軽に相談できます!

保険営業のカモにされたくない!自分で良し悪しを判断できるようになりたい!
それなら、お金が貯まる家計管理や投資基礎を学べる無料セミナーお金の教養講座で知識をつけよう!

あらゆるお金の悩みはお金のプロに無料相談で解決!必ず貰えるプレゼントも好評!

目次

いつ解約すべき!?2つの判断基準!

  • 加入年数が短いなら迷わず解約しよう
  • あと2〜3年で契約後10年経過するならそれまで継続しよう

加入年数が短いなら迷わず解約しよう

早期解約は大損しますが、解約後にNISA・iDeCoで投資するなら損してでも解約すべきです。
NISA・iDeCoで20年、30年と長期投資すれば、運用益でユニットリンク解約分の損失を取り戻せる確率が高いからです。

でも、NISA・iDeCoは口座開設する金融機関によって投資対象銘柄に大きな差があったり、いざ投資を始めても暴落時の対処法など、損しない為には正しい金融機関・投資銘柄選びと最低限の知識は必要です。

どう選んだらいいかわからないなら、経験豊富なFPに相談できる【ほけんのぜんぶ】でセカンドオピニオンを含めて相談すれば悩みを解決できるのでオススメです。

NISA・iDeCoや他の投資方法についての知識も深めたいなら、無料マネーセミナーでお金のプロから投資基礎を教えてもらいましょう。

ポイント

損した分は勉強代!
早く解約してNISA・iDeCoに切り替えれば将来的に損失分含めてプラスにできる可能性が高まります。




あと数年で契約10年以上経過するならそれまで継続もあり

10年以上経てば解約控除がなくなるので、残り数年なら解約しないで継続もありです。

その場合、解約控除がなくなってからすぐ解約しても良いですが、解約払戻金をすぐ使う必要がないなら払済変額保険に変更する方法もあります。

でも、払済保険にするメリットもそこまでないので、気持ちよく解約して解約返戻金をNISA・iDeCoに充当していく人が多いです。

ポイント

解約控除がある契約10年未満でも相場によって元本超えしていることもあります。
その場合はすぐ解約してしまっても問題ありません。

10年後に解約するメリットはあるのか

10年後に解約するメリットは、解約控除がなくなる以外は特にありません。

契約10年経過まであと少しという人でも、NISA・iDeCoに早く切り替えるために解約控除が掛かってでも解約するケースもあります。

せっかく10年続けたし、解約は勿体無い気がする…

保険料は払いたくないけど、ユニットリンクは払済保険で継続しても良いかな…

このように、解約しようか迷っているなら無理に解約する必要はないです。

その場合は払済保険に変更して保険料支払いをストップさせて、本来の保険期間まで死亡保障と運用の継続をすることも出来ます。

ポイント

死亡保険金額は払済保険変更前より減ることが多いので要注意

ユニットリンクを解約すると損する理由

  • 【損する理由①】解約控除がある
  • 【損する理由②】手数料が大きくかかるのが損する原因に…
  • 【損する理由③】早期解約は大損する

【損する理由①】解約控除がある

契約後10年以内の解約・減額は『解約控除』というペナルティがあり、本来の解約払戻金から解約控除が差し引かれてしまいます。


解約控除率は加入年数に応じて決まり、一般的には以下の通りです。

スクロールできます
経過年数解約控除率
1年目10%
2年目9%
3年目8%
4年目7%
5年目6%
6年目5%
7年目4%
8年目3%
9年目2%
10年目1%
11年目〜なし
ポイント

解約控除率は加入年数が短いほど高く、早期解約は大きく損をする原因となっています。




【損する理由②】手数料が大きくかかるのが損する原因に…

ユニットリンクは、保険料から手数料を引いた残金が投資されており、保険料全額が投資されていません。

ユニットリンクで投資される積立金イメージ
  • 保険料 − 保険関係費(手数料)− 運用関係費(手数料) = 残額が投資される

※保険関係費(手数料)はいくら掛かるか開示されておらず不透明です※

契約時の販売手数料や保険会社運営維持に必要な事業費、死亡保険料などは全て『保険関係費』として保険料から差引かれてしまうのが損する原因の一つです。

ポイント

NISAやiDeCoは保険関係費が掛からないので、早期解約してもユニットリンクほど大損しない


【損する理由③】早期解約は大損する

早期解約は解約払戻金がほとんどなく大損してしまいます。

なぜなら、支払った保険料から保険営業への手数料や保障料などの「保険関係費(手数料)」が差し引かれており、積立られている保険料自体が少ないからです。

特に契約5年以内は、どれだけ運用成績がよくても大損する可能性が高いです。

ポイント

NISAやiDeCoも積立額から手数料が引かれるが、手数料が非常に安いので実際投資されている積立金がユニットリンクと比べ圧倒的に多い。

なので、1年以内でも積立金が増えている可能性は全然ある

証拠として筆者はNISAを約3年継続しており積立金は1.3倍に増えている。

ユニットリンクで多い解約理由

  • 【解約理由①】保険以外で投資した方が良いことがわかった
  • 【解約理由②】保険は掛捨てが一番合理的
  • 【解約理由③】死亡保険はいらない

【解約理由①】保険以外で投資した方が良いことがわかった

投資は保険以外でした方が手数料を抑えられるので運用効率が高く、運用結果もユニットリンクより良くなる可能性が高いです。

投資をしたい人は運用益への税制優遇制度があるNISA・iDeCoを積極的に利用しましょう。

NISA・iDeCoでユニットリンクの外国株式型と同じ運用をしたければ、【ニッセイ外国株式インデックスファンド】や【eMAXIS Slim先進国株式インデックスファンド】を選べば、保険関係費(手数料)ないだけでかなり効率よく運用してもらえます。

ポイント

2024年1月からの新NISAは使わないと勿体無いレベルの神制度です。




【解約理由②】保険は掛捨てが一番合理的

保険は掛捨てに見直して保険料を抑えて、投資はNISAやiDeCoを始めたい!

貯蓄型保険でお金を増やしても課税されることもあるなら、NISAの非課税投資は魅力的だし使いたい。
それなら保険は掛捨てで十分かな。

このような解約理由は非常に多く、実際に経済合理性が高い考え方です。

解約前・解約後のマネープランはFPに無料相談で解決!必ずプレゼント貰える!



【解約理由③】死亡保険はいらない

死亡保険がいらないなら、ユニットリンクに入るメリットは何一つありません。

保険関係費(手数料)が掛かり、保険以外の投資より運用成果が悪くなるからです。

この保険関係費(手数料)が運用成果に与える影響は非常に大きく、実質利回りは見積書の利回りよりかなり低くなってしまうことを理解しておきましょう。。

ポイント

投資だけしたいなら保険に入るだけで損することになる



解約時にいくら戻るのかを調べる方法

  • 【方法①】Emma byアクサで確認
  • 【方法②】電話で確認

【方法①】Emma byアクサ(マイページ)で確認

Emma byアクサ(マイページ)に登録すると、現時点の運用結果を携帯やPCでいつでもどこでも確認できます。

もし未登録なら今後継続する場合も登録しておくと便利です。
登録時には証券番号が必要なので、手元に準備してから登録しましょう。




【方法②】電話で確認

アクサ生命のカスタマーセンターか、契約手続きした保険代理店へ電話で確認もできます。

ネット操作が苦手でEmma byアクサでの確認ができない人や、電話で直接教えてほしい人向けです。

ポイント

運用成果 = 解約払戻金です。

解約前に必ず確認しておこう!


解約した後はどうすべき?2つのプラン!

  • 【プラン①】死亡保障は必要ないが、投資は継続したい人
  • 【プラン②】死亡保障が必要な人

【プラン①】死亡保障は必要ないが、投資は継続したい人

ユニットリンク解約後でも投資を継続するなら、NISA・iDeCoを始めましょう。

既に始めている人なら、ユニットリンク解約で浮いた保険料をNISA・iDeCoの増額に充てましょう。

ポイント

既にNISAを満額投資していても、2024年1月からの新NISAなら月30万円、年360万円まで投資出来るようになります。



【プラン②】死亡保障が必要な人

子供が小さいなど、ユニットリンク解約後も死亡保障が必要なら、掛捨て生命保険に入って備えてください。

それでもユニットリンク加入時比べると保険料が大きく浮くと思うので、浮いたお金の使い道がなければNISA・iDeCoなどで積立投資をしましょう。

ポイント

掛捨て保険なら割安な保険料で大きな死亡保障が持てる『収入保障保険』がオススメです。

【FPの意見】モヤモヤしているなら一旦解約はあり!外国株式に投資しているなら円安は解約チャンス!

このままユニットリンクを継続していて良いか判断しきれず、モヤモヤ状態が続くなら一旦解約してしまうのもありです。

2023年7月現在、ドル円の為替は円安に大きく振れています。

もし、世界株式や外国株式などのファンドに投資しており為替ヘッジなしなら、解約返戻金は為替の影響を受けるので、円安の今なら平時より解約返戻金が少し多く返ってきますので解約のチャンスです。

でも、一旦解約してまた変額保険に入り直すメリットはないので、解約後の投資はNISAやiDeCoを軸に考えることをオススメします。

特に2024年1月開始の新NISAは積立限度額が年間360万円まで、非課税運用期間は恒久化され使わないのが勿体無い制度になるので、優先的に活用すべきです。

ポイント

悩んだままいても時間は止まってくれないし、その時間が勿体無い!積立投資において元本割れをリスクを下げる最大の武器である時間を浪費するのはやめよう!

解約前・解約後のマネープランはFPに無料相談で解決!必ずプレゼント貰える!

解約手順

  • 【死亡保険が必要ない人向け】解約手順
  • 【死亡保険が必要な人向け】解約手順

【死亡保険が必要ない人向け】解約手順

STEP
解約申し出
(アクサ生命カスタマーセンター、保険代理店、Emma byアクサ)

※契約者本人からの申し出が必須

STEP
解約書類が郵送で届くので、記入し返送
STEP
解約完了

死亡保険がいらないなら、早めに解約しましょう。

解約完了すると解約払戻金は指定口座に振り込まれます。



【死亡保険が必要な人向け】正しい解約手順

STEP
新しい死亡保険に加入手続きをする
STEP
新しい死亡保険に入れたら、ユニットリンクの解約申し出
(アクサ生命カスタマーセンター、保険代理店、Emma byアクサ)
STEP
解約書類が郵送で届くので、記入し返送
STEP
解約完了

小さい子供がいる家庭など、ユニットリンク解約しても死亡保険が必要なら、新しい死亡保険に入った後に解約しましょう。

死亡保険に入るなら、掛捨て保険の中で最も保険料が抑えられる収入保障保険がオススメです。

ポイント

新しい保険に入ってから解約することで保障の切れ目なく見直しができる

解約前・解約後のマネープランはFPに無料相談で解決!必ずプレゼント貰える!


無駄のない保険に見直したい人へ

  • このままユニットリンクに入っておくべきか自分で判断できない…
  • ユニットリンクを解約するから掛け捨て生命保険の相談をしたい…
  • 掛け捨て生命保険に入るなら、資産状況やライフプランから無駄なく加入したい…

保険に入るなら、無駄なく入りたいと誰もが思います。

保険は非常に複雑でわかりにくく作られており、メリット・デメリットや自分に適不適かしっかり理解した上で入らないと、あとで後悔する可能性が高いです。

読者の方には、そうなって欲しくありません。

  • ユニットリンクを解約するからNISAやiDeCoについて知りたい
  • ユニットリンクを解約しても死亡保障は必要だから、無駄なく見直したい
  • 掛け捨て生命保険なら、出来る限り保険料を抑えたい

このように思うなら、相談者満足度が高い【ほけんのぜんぶ】でセカンドオピニオンを含めて相談することをオススメします。

【ほけんのぜんぶ】は知識・経験豊富なFPに相談できるので、最適な貯金方法は何か、保険・NISA・iDeCoなど保険以外の金融商品との違いを詳しく比較しなら、あなたに最適な保険と貯金方法が見つけられます。

FPへの相談はあらゆるお金の悩みを相談できるので、金融、税制、不動産、住宅ローン、保険、教育資金、年金制度など、避けては通れないお金の悩みをなんでも相談できるのがメリットです。

スマホやタブレットで、どこでもオンライン相談もできて、押し売りは一切なしとホームページで公言しているので安心です。

FPにあらゆるお金の相談ができる【ほけんのぜんぶ】でまずは気軽に無料相談をしてみましょう

あらゆるお金の悩みはお金のプロに無料相談で解決!必ず貰えるプレゼントも好評!

ユニットリンクを解約し、これから自分で投資をする人へ

保険ではなくNISAやiDeCoなど自分で投資をしようと思っても、

『投資というだけで難しそう…』

『何から始めたらいいのかわからない…』

『投資はやりたいけど出来るだけ損したくないな…』

このように思われる方も多いと思います。

私も以前は同じように考え、中々行動に移れずただ銀行貯金するだけでした。

ですが単純に貯金してもお金はふえません。

低金利時代で収入も上がりにくい今の時代だからこそ、『投資をすること』はあなたの10年、20年後の未来を大きく変えます。

  • 投資に興味はあるけど何から手をつけて良いかわからない
  • 早いうちから無駄なく将来に備えたい
  • どんな投資方法があるか教えて欲しいし、何に注意すべきか知りたい
  • 投資するなら損するリスクを少しでも減らしたい
  • 家計負担を抑えたい
  • 将来のお金の不安を解消したい

もしあなたがこの様に思ったなら、日本ファイナンシャルアカデミーが主催する金融初心者向けのマネーセミナーお金の教養講座に無料参加がオススメです。

なぜなら、日本ファイナンシャルアカデミーは設立20年超の老舗マネースクールであり、『金融商品販売目的』の他セミナーとは違い、金融商品販売は一切せず完全中立な立場でお金が貯まりやすい家計管理術や投資基礎までプロから無料で学べます。

実際の受講者さんで貯金が苦手だった人も、ここでお金と投資の基礎を勉強して家計の無駄をなくすことに成功し、貯金0円の状態から2年以内に100万円以上の資産形成に成功した人も多くいます。

お金の教養講座は金融商品販売をされることもなく完全無料で参加できてリスクゼロです。

まずは気軽に受講してみましょう。

金融知識は将来自分に100%返ってきます。

もしあなたがこれからお金や投資の知識を身につけ、投資を始めて行けば今抱えているお金の心配から解放された生活を送れることでしょう。

ぜひこの機会にお金の勉強の第一歩としてをお金の教養講座で自分の知りたい無料勉強会を受講してみましょう。

老舗マネースクールのお金のプロが教える金融知識のはじめの一歩!投資初心者に優しい内容!



まとめ

《まとめ・結論》
損してでも解約はあり!加入して間もないなら迷わずにすぐ解約しよう!
  • 納得できないものにお金を払うことほど、無駄なことはありません。
  • 自分の時間を使って、労力かけて稼いだ大事なお金は大事に使いましょう。
  • 死亡保険はいらない、投資・運用だけしたいならユニットリンクに入っているメリットがない
  • 加入後間もないなら大損しても解約してNISA・iDeCoを始めよう
  • もうすぐ契約して10年経つなら、10年経過後に解約・払済保険にしよう
  • もし死亡保険がユニットリンク解約後も必要なら、新しい保険に入ってから解約すべき
  • 【ほけんのぜんぶ】なら、最適な資産運用や保障の備え方を見つけられるのでオススメ
  • 投資の勉強を基礎から効率よくするなら【現役FPおすすめ】偏りない知識を学べる無料マネーセミナーおすすめ3選!をチェック!

あらゆるお金の悩みはお金のプロに無料相談で解決!必ず貰えるプレゼントも好評!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大手保険代理店系FPとして10年以上勤めています。
保険やお金について無知な相談者が非常に多く、保険営業の良いカモにされてしまっているケースを何百件もみてきました。
このブログはそんな方を少しでも減らせるように、保険やお金の知識武装をして欲しいと考えて立ち上げました。

質問や記事リクエスト、記事執筆も承りますので問い合わせからお願いします。

目次