【現役FPぶっちゃけ】マニュライフのこだわり外貨終身の評価・評判から入るべきか徹底解説!

  • 「万が一に備えながらお金も貯められます。利率も高いから入らないのは勿体無い!」と、こだわり外貨終身を勧められたけど…
  • ネットで調べると【外貨建て保険は危険】【保険と貯金は混ぜるな危険】など批判的な口コミが多くて不安…
  • 入るべきかわからないから、誰か「こだわり外貨終身」について客観的に教えて!!

「掛捨ては勿体無い!こだわり外貨終身は利率も高いし、将来の資産形成として入る方も多いですよ!」と、なんとなく良さそうというだけで入って後悔するケースは多いです。

でも、外貨建て保険は「苦情の多い保険」として有名で、金融庁から特別注意喚起が出るほど注意が必要な保険です

どんな人でも、保険で損や後悔をして欲しくありません。

そこでこの記事では、業歴13年現役FPとして2,000世帯以上の相談を受けてきた筆者が、こだわり外貨終身の評判が悪い理由を実体験も踏まえ、完全中立に徹底解説します。

最後まで読めば、この保険に入るべきかどうかがわかります。

《この記事の結論》こだわり外貨終身の利率が高いのは事実!でも、もっと良い備え方はある!
円建て終身保険と比較して利率は高いが、金融商品として考えれば利率は低い。
保険で貯蓄は入った時点で損してしまうのでオススメ出来ない。
「保険」は掛捨て保険「貯蓄」はNISA・iDeCo活用がドル建保険より効率よくオススメです。

保険や将来のお金の悩みはライフプランを基に保険に囚われず最適な資産形成は何かをFPに相談できる【マプロ】がおすすめ!

【マネプロ】は保険だけじゃなく証券会社(NISAや投資信託、株式)・住宅ローンも相談から加入までをまとめて相談できるから、金融商品の偏りなく提案してくれる!

スマホ・PCがあれば隙間時間にオンライン相談でき、無理な勧誘ないので相談だけも大歓迎!

保険営業のカモにされたくない!自分で良し悪しを判断できるようになりたい!
それなら、無料でお金のプロから家計管理や投資基礎を学べる【アットセミナー】で学ぼう!

【2023年最新版】現役FPがオススメするFP無料保険相談サービスランキング

【2023年最新版】現役FPオススメの外貨建て保険の人気ランキング!

保険・資産形成・NISA等、将来のお金の悩みは知識豊富なベテランFPに無料相談して解決!

目次

こだわり外貨終身の口コミ・評判

口コミ
口コミ

円高円安にブレても、その状態があと4年間続く事なんてほぼあり得ないから、入学の時為替率悪くても一部引き出して残りは良くなってから解約すれば良いって言われて成る程〜って思いました!

ドル建てもぜひ聞いてみてください👍✨

                             #X(旧Twitter)より

口コミ
口コミ

こだわり外貨終身解約できました!

契約前に知っていれば…ですが、今日が一番若い日の精神で前向きに行きます😊

                             #X(旧Twitter)より

ポイント
ポイント

X(旧Twitter)上の口コミは非常に少ない!

相談件数10万件以上!保険・資産運用・NISA・株・住宅ローンなどFPにまとめて無料相談で解決!

利率が高いという評判は事実なのか検証

  • 直近(2023年9月時点)の積立利率は高い
  • 販売当初(2017年9月)から入っている人の積立利率を確認

直近(2023年9月時点)の積立利率は高い

マニュライフ生命の公式HPによると、2023年9月契約した場合の積立利率(初月)は米ドル4.51%、豪ドルは4.78%と高水準です。

ポイント
ポイント

米ドル・豪ドルともに利率が高いという評判は事実!

販売当初(2017年9月)から入っていた時の積立利率を確認

販売当初の2017年9月〜2023年9月まで入ってい場合の積立利率は、米ドルが2.75%、豪ドルが3.05%でした。

直近の積立利率よりかなり低いのは、積立利率が毎月変わる仕組みだからです。

積立利率が高いとき、低いときと波があっても、加入月数で平均化されていきます。

ポイント
ポイント

こだわり外貨終身における米ドルの過去最低利率は2020年9月の1.9%、過去最高利率は2022年12月の4.84%です。

直近3年間だけでも大きく変動していますが、積立利率は加入月数で平均化されるので良くも悪くも安定します。

こだわり外貨終身の返戻率は高いのかを比較検証

  • 【検証①】【こだわり外貨終身】VS【円建て終身保険】をシュミレーション
  • 【検証②】【こだわり外貨終身】VS【他社外貨終身】をシュミレーション
  • 【検証③】【こだわり外貨終身】VS【NISA】をシュミレーション
  • 【検証④】【こだわり外貨終身】VS【NISA+掛捨て保険】どっちが優れているか
  • 【結論】【NISA+掛捨て保険】が最も合理的!

比較条件

  • 年齢:30歳
  • 性別:男性
  • 払込期間:60歳まで
  • 月額保険料:94.50米ドル(14,007円)
  • 為替レート:148.23円で固定して計算

【検証①】【こだわり外貨終身】VS【円建て終身保険】をシュミレーション

死亡保険金保険料保険料累計額60歳時
解約返戻金
60歳時
解約返戻金
(最低利率で推移した場合)
①こだわり外貨終身50,000米ドル
(741万円)
94,50米ドル
(14,007円)
34,020米ドル
(504万円)
60.966米ドル
(903万円)
※年4.85%が30年間
継続した場合※
35,199米ドル
(521万円)
※最低保証利率の年1.5%が30年間
継続した場合※
②オリックス生命
ライズ
(低解約返戻金型)
650万円14,131円508万円559万円559万円
※為替レート148.23円で全て試算 
ポイント
ポイント

最低利率で推移した場合、こだわり外貨終身の解約返戻金は円建て保険より少なくなる可能性があります。

【検証②】【こだわり外貨終身】VS【他社外貨終身】をシュミレーション

利率変動の有無死亡保険金保険料保険料累計額60歳時
解約返戻金
(高い利率が継続した場合)
60歳時
解約返戻金
(最低利率で推移した場合)
①こだわり外貨終身利率変動型
(毎月)
50,000米ドル
(741万円)
94,50米ドル
(14,007円)
34,020米ドル
(504万円)
60.966米ドル
(903万円)
※年4.85%が30年間継続した場合※
35,199米ドル
(521万円)
※最低保証利率の年1.5%が30年間
継続した場合※
②オリックス生命
USライズ
(低解約返戻金型)
利率変動なし77,000米ドル
(1,141万円)
95,48米ドル
(14,153円)
34,372米ドル
(509万円)
42,918米ドル
(636万円)
42,918米ドル
(636万円)
③メットライフ
ドルスマートS
(低解約返戻金型)
利率変動型
(毎月)
61,000米ドル
(904万円)
95.16米ドル
(14,105円)
34,257米ドル
(507万円)
43,399米ドル
(643万円
※年3.5%が30年間
継続した場合※
35,473米ドル
(525万円
※最低保証利率の年2.5%が30年間
継続した場合※
④メットライフ
ドルスマートS
利率変動型
(毎月)
55,000米ドル
(815万円)
94.54米ドル
(14,013円)
34,034米ドル
(504万円)
41.989米ドル
(726万円
※年3.5%が30年間
継続した場合※
34,577米ドル
(512万円
※最低保証利率の年2.5%が30年間
継続した場合※
※為替レート148.23円で全て試算 
ポイント
ポイント

利率変動はしないが、オリックス生命のUSライズが最もバランス良い。

こだわり外貨終身は他社と比べて死亡保障が低いです。

【検証③】【こだわり外貨終身】VS【NISA】をシュミレーション

死亡保険金保険料保険料累計額60歳時
解約返戻金
①こだわり外貨終身50,000米ドル
(741万円)
94,50米ドル
(14,007円)
34,020米ドル
(504万円)
60.966米ドル
(903万円)
※年4.85%が30年間
継続した場合※
②つみたてNISA14,007円504万円1,165万円
※年率5%運用だった場合※
差額(①−②)50,000米ドル
(741万円)
−262万円
※為替レート148.23円で全て試算 ※NISAは年率5%だった場合と仮定
ポイント
ポイント

こだわり外貨終身の販売当初からの利率平均は年2.75%なので、上記表より期待リターンはもっと低い!

それに対しNISAの年率5%は再現性のある数値です。

【検証④】【こだわり外貨終身】VS【NISA+掛捨て保険】どっちが優れているか

死亡保険金保険料保険料累計額60歳時
解約返戻金
①オリックス生命
定期保険ブリッジ
800万円1,552円56万円
②つみたてNISA12,455円448万円1,036万円
※年率5%運用だった場合※
合算(①+②)800万円14,007円【実質リターン】
980万

『1,036万−掛捨て保険料56万』
こだわり外貨終身50,000米ドル
(741万円)
94,50米ドル
(14,007円)
34,020米ドル
(504万円)
60.966米ドル
(903万円)
※年4.85%が30年間
継続した場合※
※為替レート148.23円で全て試算 ※NISAは年率5%だった場合と仮定
ポイント
ポイント

【NISA+掛捨て保険】の方が保障も手厚く、期待リターンも高いので経済合理性が高い!もし、積立期間中に死亡した場合も【800万円+死亡時までの積立金評価額】が遺族に遺せます!

【結論】【NISA+掛捨て保険】が最も合理的!

こだわり外貨終身より【NISA+掛捨て保険】の方が、経済合理性が高いです。

さらに、NISAの運用益は全額非課税なのに対し、こだわり外貨終身は一時所得税が課税されてしまうので実質リターンはもっと減ります。

そもそも、こだわり外貨終身の期待リターンは高くて3%前後で考えた方が無難です。

2023年9月時点の利率、年4.85%はあくまで今だけのボーナス期間だと考えましょう。

ポイント
ポイント

【NISA+掛捨て保険】と【こだわり外貨終身】の具体的な比較をしていないなら、

保険以外の金融商品も扱えるFPに無料相談がオススメです!

保険・証券会社など幅広い金融商品をまとめて相談できる!知識豊富なFPに無料相談で解決!

【後悔】筆者加入中の「ドル建て終身保険」と「NISA」の運用成果を比べてみた

私がドル建て保険をオススメしない理由は、私自身が金融知識ない状態の時に入ったドル建て終身保険(低解約返戻金型)とあとで始めたNISAを比較して運用成果に圧倒的な差があるからです。

結論として、NISAの方があとに始めたにも関わらず圧倒的に優秀な成果を収めており、同じ時間を保険以外で積立していたらと後悔しています。


【加入歴11年8ヶ月】筆者のドル建て終身保険の払込保険料総額と平均為替レート

  • 保険料:50.85米ドル × 140ヶ月(11年8ヶ月)= 払込累計7,119米ドル
  • 累計保険料(日本円):786,608円(2023年9月時点)
  • 平均為替レート:110.49円


ポイント
ポイント

11年以上ドル建て終身保険を続けてきての平均為替レートは110円ほど!



【円安の今解約するとどうなる?】ドル建て終身保険の解約返戻金と返戻率

  • 解約返戻金:4,911.90米ドル × 為替レート146.5円 = 719,642円(2023年9月時点)
  • 返戻率(日本円):91.4%(2023年9月時点)
ポイント
ポイント

低解約返戻金型だから仕方ないが11年8ヶ月も時間を掛けていて、円安の今でも元本割れ状態!

【加入歴3年7ヶ月】筆者の「つみたてNISA」&「投資信託積立」の運用成果

  • 累計積立額:1,866,923円 ※解約済は除く※
  • 解約払戻金(評価金額):2,600,830円(2023年9月5日時点)
  • 返戻率:139.3%(2023年9月5日時点)
ポイント
ポイント

3年7ヶ月間の利回りは19.6%!2023年9月時点の相場が良すぎるということもあるが、外貨建て保険とリターンを比較すると雲泥の差!同じ時間をかけるならNISAをオススメする理由は増える可能性が高いから!

保険・貯金・NISA等お金の悩みはまとめてFPに無料相談で解決!オンライン相談は全国どこでも対応!

デメリット

  • 【デメリット①】手数料が高い
  • 【デメリット②】解約控除がある
  • 【デメリット③】元本割れする可能性がある
  • 【デメリット④】保険料が毎月変わり円安だと負担増加してしまう
  • 【デメリット⑤】金融商品としての返戻率は低い

【デメリット①】手数料が高い

保険料から『為替手数料』と『保険関係費』と言われる、保険契約の締結・維持、死亡保障などに係る費用等が控除されるので、保険料は全額積立てられていません。

保険関係費は、具体的にいくら控除されているのかは一切開示されておらず、ブラックボックスとなっています。

ポイント
ポイント

保険関係費は保険特有の手数料で高いです。

【デメリット②】解約控除がある

契約10年以内で解約すると『解約控除』というペナルティがあります。

本来の解約返戻金からペナルティが差し引かれてしまうので、早期解約はデメリットです。

ポイント
ポイント

契約10年以上は『解約控除』が無くなります。

【デメリット③】元本割れする可能性がある

死亡保険金・解約返戻金は、受取り時の為替次第で元本割れする可能性があります。

もし、死亡保険金・解約返戻金をドル受取りするなら為替は関係ないです。

ポイント
ポイント

日本円での元本保証はありません!円高に大きく振れると大損する可能性もあり、全て自己責任です!

【デメリット④】保険料が毎月変わり円安だと負担増加してしまう

こだわり外貨終身の保険料は、為替の影響を受けるので毎月変動します。

例)①保険料100ドル ; 為替レート100円 = 支払い保険料10000円
②保険料100ドル ; 為替レート120円 = 支払い保険料12000円
③保険料100ドル ; 為替レート90円  = 支払い保険料9000円

『米ドル保険料は固定』されているのですが、米ドル保険料に為替が掛かり『毎月保険料が変動』します。

為替の影響で家計が厳しい…

2023年9月現在、ドル円の為替は148円台をつけていますので、保険料100ドルなら日本円で14,800円までふえており家計圧迫を感じる世帯も多くなっています。

ポイント
ポイント

毎月変わらない保険料の方がいいと思うならドル建て保険は不向き。

【デメリット⑤】金融商品としての返戻率は低い

円建て終身保険と比較して返戻率は高いのは事実ですが、金融商品として見ると返戻率は低いです。

こだわり外貨終身を貯金目的で考えていたなら、運用益へ税制優遇措置があるNISA・iDeCoを優先活用した方が無駄がなく将来に備えることが出来ます。

課税への
優遇措置
積立額積立総額60歳時
解約返戻金
(返戻率)
こだわり外貨終身なし94.50ドル
(14,007円)
34,020米ドル
(504万円)
60.966米ドル
(903万円)
※年4.85%が30年間
継続した場合※
NISA運用益全額非課税14,007円504万円1,165万円
※①
iDeCo・退職所得控除
・積立額全額所得控除
14,007円504万円1,165万円
※①
※30歳 男性 保険料約1.4万円 60歳払込 為替レート148.23円で計算 ※① 60歳時 年率5%運用だった場合で計算
ポイント
ポイント

保険で貯金は保険営業の肥やしになるだけで、メリットはありません!

金融商品は保険以外にも無数にあるから、視野を広く持ちましょう!

保険・貯金・NISA等お金の悩みはまとめてFPに無料相談で解決!オンライン相談は全国どこでも対応!

メリット

  • 【メリット①】低解約返戻金型と比べて途中解約リスクが低い
  • 【メリット②】利率変動型で将来の返戻率が高まる可能性がある
  • 【メリット③】三大疾病保険料払込免除に該当すると解約返戻金が一気に増加する
  • 【メリット④】非喫煙者なら保険料割引あり
  • 【メリット⑤】米ドル・豪ドルを選択できる

【メリット①】低解約返戻金型と比べて途中解約リスクが低い

こだわり外貨終身は途中解約すると、払込保険料(ドル換算)の80%ほどの払戻しがあるのに対し、低解約返戻金型の他社外貨終身保険は60〜70%ほどの払戻しになってしまいます。

もし途中解約した時のことを考えると、こだわり外貨終身は払戻し率が高いです。

ポイント
ポイント

途中解約リスクが低いとはいえ、為替次第では大損する可能性がありますので要注意です。

【メリット②】利率変動型で将来の返戻率が高まる可能性がある

保険料は主に米国債券で運用されます。

米国債券の利率が高ければ、こだわり外貨終身の積立利率も上がり将来の返戻率が高くなります。

ポイント
ポイント

米国債券の利率が低くても、積立利率1.5%は最低保証です。

【メリット③】三大疾病保険料払込免除に該当すると解約返戻金が一気に増加する

三大疾病保険料払込免除特約をつけた場合、以下の状態に該当した以降の保険料払込はなくなります。

三大疾病の定義該当条件
悪性新生物がん責任開始日以降に初めてがんと医師に診断確定されたとき
急性心筋梗塞60日以上の労働の制限を必要とする状態 が継続したと
医師によって診断されたとき
脳卒中60日以上の言語障害・運動失調等の他覚的な神経学的後遺症が
継続したと医師によって診断 されたとき

さらに、解約返戻金が一気に増加するので、解約して三大疾病の治療費や収入補填に使うこともできます。

保険料払込免除に該当した場合の解約返戻金の動き
■年齢:30歳 ■性別:男性 ■死亡保険金:50,000米ドル ■払込期間:60歳払い
■保険料:107米ドル ■三大疾病保険料払込免除特約あり

(例)15年後に悪性新生物と診断された場合
払込累計額:19,260米ドル
保険料払込免除後の解約返戻金:31,685米ドル(15年間ずっと年1.5%だった場合)
                35,527米ドル(15年間ずっと年4.85%だった場合)
ポイント
ポイント

保険料払込免除後に解約返戻金を全額受け取ったら保険は終了です。その後に死亡しても1円も保障はありません。死亡保障のためなのか、三大疾病のためなのか、貯金なのか、目的がブレるのが嫌ならそれぞれ分けて入ったほうが良いです。

【メリット④】非喫煙者なら保険料割引あり

過去1年以内に喫煙しておらず、契約時の喫煙検査をパスできれば「非喫煙者保険料率」が適用され、喫煙者より安い保険料で契約することが出来ます。

非喫煙者と喫煙者の保険料率の違い
■年齢:30歳 ■性別:男性 ■死亡保険金:50,000米ドル ■払込期間:60歳払い

【喫煙者保険料】103.50米ドル
【非喫煙者保険料】94.50米ドル
ポイント
ポイント

新規加入時に喫煙者保険料なら、加入後に禁煙しても保険料率は変わりません。

【メリット⑤】米ドル・豪ドルを選択できる

運用通貨を『米ドル』『豪ドル』から選びます。

運用通貨によって、積立利率が異なります。

ポイント
ポイント

2023年9月現在では利率が高く、通貨信用度も高い『米ドル』を選ぶ人が多いです!

こだわり外貨終身に入らない方がいい人

  • 貯金目的で考えている人
  • NISA・iDeCoを始められる人
  • 資産形成の遠回りしたくない人
  • 保障がいらない人

こだわり外貨終身は積立金から引かれる手数料が高く、貯金として考えると効率が悪いです。

貯金目的で10年以上の積立期間で考えているなら、NISAやiDeCoなどを利用しましょう。

もし死亡保険がないと不安なら、必要最低限の期間だけ掛捨て保険に加入しましょう。

あらゆるお金の悩みはFPに無料相談で解決!オンライン相談は全国どこでも対応!

こだわり外貨終身の注意点

  • 【注意点①】過度な円安を想定した保険料設定をしておこう
  • 【注意点②】貯蓄目的なら入らない方がいい
  • 【注意点③】保険金・解約返戻金のドル受取は手数料が掛かる

【注意点①】過度な円安を想定した保険料設定をしておこう

こだわり外貨終身の保険料は、為替の影響で毎月変動します。

2022年のドル/円は一時1ドル150円を超え、こだわり外貨終身に入る前に想定していた円安を大きく超えてしまったという人は多いです。

円安が進むと、保険料が上がり生活が圧迫されてしまうケースもあるでしょう。

もし、こだわり外貨終身に入るなら、為替変動で保険料が大きく上がったり、経済状況の変化があったとしても、必ず最後まで継続できる無理のない保険料設定をするよう注意しましょう。

過去の為替レートの年平均は別サイトを参考にどうぞ

ポイント
ポイント

将来の為替は誰にも読めない。でも、長く継続するためにもっと円安に進んでも問題ない保険料に設定しましょう。



【注意点②】貯蓄目的なら入らない方がいい

こだわり外貨終身に入る理由が「貯蓄」なら、NISA・iDeCoを優先的に始めてください。

NISA・iDeCoはこだわり外貨終身と同じで元本保証はありませんが、長期継続するほど元本割れリスクが減っていき、積立金が増える可能性が高くなる、国が推奨する制度です。

NISA・iDeCoをまだ知らない、詳しく知りたいならマネーセミナーでプロに教えてもらうか、FPに無料相談し教えてもらうのがオススメです。

12,000人以上が参加し満足度94%!無料セミナーはノーリスク!プロから基礎から学ぼう!



【注意点③】保険金・解約返戻金のドル受取は手数料が掛かる

為替相場や状況により、日本円で受取らずにドル受取りも出来ます。

でも、ドル受取りをすると「リフティングチャージ料」という手数料が掛かる可能性があります。

銀行により、必ずリフティングチャージ料の有無や手数料も異なりますので、ドル受取りをする場合は手数料が大きく掛からないように事前に調べるなど注意しましょう。

ポイント
ポイント

銀行で外貨口座を開設しないとドル受取りはできません。

こだわり外貨終身に入るべきか迷っている人へ

  • デメリットを理解した上で、こだわり外貨終身に入りたい
  • 貯蓄目的で考えていたので、変額保険やNISA・iDeCoを理解してから入るか決めたい
  • こだわり外貨終身に入るべきか、自分で決めることが出来ない
  • あとで後悔したくない

このブログを読んでいる人は、このように感じている人が多いと思います。

こだわり外貨終身など、ドル建て終身保険は複雑な保険なので、メリット・デメリットや自分に適不適かしっかり理解した上で入らないと、あとで後悔する可能性が高いです。

読者の方には、そうなって欲しくありません。

  • 担当の保険営業の案内に疑問をもった
  • 円建て保険とドル建て終身保険の比較しかされていない
  • NISA・iDeCoと詳しく比較してから決めたい

このように思うなら、東証グロース市場上場企業のブロードマインド(株)が運営する保険・投資信託・住宅ローンなど幅広い金融商品を加入までまとめて相談できる【マネプロ】でセカンドオピニオンを含めて相談することをオススメします。

知識豊富なFPが担当してくれるマネプロは特定の金融機関に属さない、資産形成に精通したFPに相談できるので、最適な貯金方法は何か、変額保険・NISA・iDeCoなど保険以外の金融商品との違いを詳しく比較しなら、あなたに最適な保険と貯金方法が見つけられる。

FPへの相談はあらゆるお金の悩みを相談可能で、保険だけじゃなく投資信託や住宅ローンなども加入までまとめて相談できます。

スマホやタブレットで、どこでもオンライン相談もできて、押し売りは一切なしとホームページで公言しているので安心です。

FPはお金の専門家なので金融、税制、不動産、住宅ローン、保険、教育資金、年金制度など、避けては通れないお金の悩みをなんでも相談できるのがメリットです。

保険以外の金融商品もまとめてFPに無料相談できるマネプロで、まずは気軽に無料相談をしてみましょう!

お金の悩みはFPに無料相談して解決!オンライン相談できるので全国どこでも対応!

保険と貯蓄を分けたい人へのおすすめ

保険と貯蓄を分けたいと思っても実際のところ、

  • 『NISA・iDeCoというだけで難しそう…』
  • 『何から始めたらいいのかわからない…』
  • 『投資はやりたいけど出来るだけ損したくないな…』

このように思われる方も多いと思います。

私も以前は同じように考え、中々行動に移れずただ銀行貯金するだけでした。

ですが単純に貯金してもお金はふえません。

低金利時代で収入も上がりにくい今の時代こそ、『投資をすること』はあなたの10年、20年後の未来を大きく変えます。

  • 無駄なく将来に備えたい
  • 自分に合った投資方法や資産配分を知りたい
  • 投資するなら損するリスクを少しでも減らしたい
  • 家計負担を抑えたい
  • 将来のお金の不安を解消したい

もしあなたがこの様に思ったなら、パワープランニング株式会社が主催する金融初心者向けのマネーセミナー【アットセミナー】に無料参加がオススメです。

なぜなら、【アットセミナー】は様々な無料勉強会を全国各地やオンラインで開催しており、完全中立な立場でお金全般の知識や投資方法を教えてくれるからです。

本来マネーセミナーは『金融商品を売るため』に開催しますが、金融商品を売らないので変な商品を売られる心配がありません。

実際の受講者さんで貯金が苦手だった方も、ここでお金と投資の基礎を勉強して家計の無駄をなくすことに成功し、資産形成に成功した人多数です。

無料マネーセミナーなのでリスクゼロで学べますので、ますは気軽に受講してみましょう。

金融知識は将来自分に100%返ってきます。

もしあなたがこれからお金や投資の知識を身につけ、投資を始めて行けば今抱えているお金の心配から解放された生活を送れることでしょう。

ぜひこの機会にお金の勉強の第一歩としてを【アットセミナー】で自分の知りたい無料勉強会を受講してみましょう。

12,000人以上が参加し満足度94%!無料セミナーはノーリスク!プロから基礎から学ぼう!

まとめ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 3330726_s.jpeg

お金の悩みはFPに無料相談して解決!オンライン相談できるので全国どこでも対応!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大手保険代理店系FPとして10年以上勤めています。
保険やお金について無知な方が非常に多く、保険代理店や外交員の良いカモにされてしまっているお客様を何百件もみてきました。
このブログはそんな方を少しでも減らせるように、保険やお金の知識武装をして欲しいと考えて立ち上げました。

目次