「保険」と「投資」を分ければお金の不安を解消できるのに教えてくれない理由を徹底解説!

  • ネット上では『保険』と『投資』を分けるべきと良く言われているけれど…
  • 一緒にした方がわかりやすいし、保険で貯金や投資をする人多いと保険営業から言われた…
  • 結局なにが正解なのかわからない…
  • あとで後悔したくないから、誰か『保険』と『投資』をまとめるべきなのか客観的事実を教えて!
保険営業

NISAや貯金には保障がないから保険でやる人が多いですよ。

保険営業

万が一を考えたら、NISAではなく変額保険やドル建て保険の方が安心です。それに生命保険料控除も使えてお得ですよ。

保険営業

保険のプロはみんな保険でドル建て保険や変額保険に入ってます。

このように、保険相談をすると必ずと言って良いほど変額保険やドル建て保険をオススメされるケースが多いです。

でも、金融知識がある人なら誰でも『保険』と『投資』を分けた方が経済合理性が高いと言います。

一体どっちが本当なのかでしょうか……

そこでこの記事では、業歴13年現役FPとして2,000世帯以上の家計・保険見直し相談を受けてきた筆者が、『保険』と『投資』を分けるべきなのかを法人ブログには出来ない客観的立場でぶっちゃけ解説します。

最後まで読めば、あなた自身で『保険』と『投資』を分けるべきかを判断できるようになります。

《この記事の結論》
保険と投資は混ぜるな危険!別々に備えた方が経済合理性が高くお金の不安・悩みを解消できます!

保険は掛け捨てで保険料を抑えて入り、投資はNISAを活用すれば、変額保険やドル建て保険より保障も手厚くなり将来の期待リターンも高く、無駄がない備えができます。

保険営業が保険と投資をまとめる提案をするのは、保険以外の金融知識がないか、利益率の高い保険を販売したいからのどちらかです。

保険・投資で損したくないなら経験豊富なFPに相談できる【ほけんのぜんぶ】セカンドオピニオンを含めて相談すれば悩みを解決できるのでオススメ。

スマホ・PCから隙間時間にオンライン相談もでき、無理な勧誘は一切ないので安心です。

保険営業のカモにされたくない!自分で良し悪しを判断できるようになりたい!
それなら、お金が貯まる家計管理や投資基礎を学べる無料セミナーお金の教養講座で知識をつけよう!

あらゆるお金の悩みはお金のプロに無料相談で解決!必ず貰えるプレゼントも好評!






目次

【保険】と【投資】を分けた方がいいと言われる理由

  • 【理由①】必要保障額は年齢が上がるにつれ減少する!
  • 【理由②】保障が手厚くなる
  • 【理由③】積立ペースも引出しも自由自在!長期継続しやすく損しにくい!
  • 【理由④】投資は出口戦略が大事!定率引出しや定額引出しで資産寿命を延ばせる

【理由①】必要保障額は年齢が上がるにつれ減少する!

死亡保障の必要保障額推移イメージ
こくみん共済coopの公式HPより出典

ライフステージによって必要な保障額は変わっていくので、生涯同じ保障額を持ち続ける必要性はありません。

一般的に、子どもが誕生した時が最も必要保障額が大きく、子どもの成長に伴い年々減少していきます。

ポイント

子どもが誕生すると教育費が必要になるので必然的に必要保障額が大きくなる。

子どもの手が離れた後、老後に大きな保障はいらないです。




【理由②】保障が手厚くなる

保険と投資を分けると保障も手厚くなります。

・変額保険やドル建て保険の保障

死亡保険金のみ

・保険と投資を分けた場合の保障

死亡保険金 + 死亡時までに投資した資金

ポイント

保険と投資を分けるなら、安い掛捨て保険を探そう。

そうすれば、浮いた保険料を投資に回せるので将来のお金の不安解消に大きな好影響を与えてくれる。




【理由③】積立ペースも引出しも自由自在!長期継続しやすく損しにくい!

変額保険もNISAも元本割れリスクを避けるために最も効果的なのは、毎月コツコツ出来るだけ長い期間積立をして、長く市場に居続けることです。

子供の進学で大きな出費が続くから、しばらく積立するのが厳しい…

転職や病気で経済状況が悪化したから、今までと同じ金額を積立て出来ない…

長い人生、このようにどんな状況変化があっても『保険』と『投資』を分ければ、投資部分だけ蛇口を閉めて一時的に止めたり、積立額を下げて細く続ければ良いだけなので柔軟な対応ができます。

変額保険やドル建て保険で保険と投資を一つにしていると、保険料を途中で止めたり下げたりすることは原則できませんので、苦しい状況でも払い続けなければいけません。

ポイント

変額保険やドル建て保険は保険料を下げる「減額」や払込を強制停止させる「払済」もあるが、どちらに変更しても大事な保障が下がってしまう。

さらに、契約10年以内での減額・払済は解約控除というペナルティが掛かり損する可能性が高いです。


【理由④】資産寿命を伸ばす『定率取崩し』・『定額取崩し』がしずらい

投資においてお金を使うときの出口戦略は超重要です。

運用資産を全額一気に受取ってすぐ使わないといけないケースは少なく、それなら『定率取崩し』か『定額取崩し』をすることで、資産寿命を延ばすことが出来ます。

  • 【定率取崩し】:定期的に資産残高の○%を取崩して使い、残りは運用継続させておく
  • 【定額取崩し】:定期的に資産残高から定額○円を取崩して使い、残りは運用継続させておく

全額引出しとは異なり資産残高から一定の比率や金額で引き出すため、運用資産の一部しか市場変動に晒されずに済むので、全額引出しよりリスクを抑えられます。

変額保険やドル建て保険は、

  • 解約返戻金を希望額ピッタリ引出しできない
  • 変額有期保険などの保険期間は最長80歳までで、80歳以降の運用はできない
  • 減額に限界がある

以上の理由から、NISAなど保険以外の金融商品と比べて『定率取崩し』・『定額引出し』がし難いです。

ポイント

あなたが積立投資をする理由はなんですか?
ほとんどの人が「自分の死後の為」ではなく、「生きている時に周りに迷惑を掛けたくない!お金の不安を解消したいから!」と言います。

それなら運用したお金の取崩し方次第で、お金の不安・心配をより解消することができる投資信託・NISAでの運用がオススメです。。

シュミレーション①:『全額引き出し』

全額引出し
  • 60歳で資産運用残高3,000万円を全額引出し、毎年120万円ずつ取崩して使う
  • 資産残高は毎年減少し80歳で600万円、85歳で0円となり枯渇してしまう。
  • 全額引出しは資産寿命が短い!!


シュミレーション②:『定額取り崩し』

定額引出し
  • 60歳で資産運用残高3,000万円から毎年120万円ずつ定額で取崩して使い、残りは運用継続
  • 年3%の運用で仮定すると、資産残高は85歳で1,960万円、100歳でも枯渇せず737万円もある
  • 全額引出しより定額取崩しの方が資産寿命が長い!!



シュミレーション③:『定率取り崩し』

定額引出し
  • 60歳の時の資産残高から毎年一定割合で取崩していき、残りは運用継続
  • 例えば、毎年1月1日の資産残高の4%を取り崩すと仮定
  • 1年目:3,000万円 × 4% = 120万円
  • 2年目:2800万円 × 4% = 112万円
  • 年によって運用している資産残高が下落・増加していることもあり、毎年定額となることはないが
  • 年3%の運用で仮定すると、資産残高は85歳で2,333万円、100歳で2,006万円もある
  • 全額引出し、定額取崩しより定率取崩しの方が資産寿命が長い!!

あらゆるお金の悩みはお金のプロに無料相談で解決!必ず貰えるプレゼントも好評!




「NISA」と「変額保険・ドル建て保険」の違いをまとめて比較

NISAは保障がない部分を除き、変額保険やドル建て保険より使い勝手がよく途中解約リスクが低い投資方法です。

NISA変額保険
ドル建て保険
死亡保障なしあり
保険関係費掛からない掛かる
解約控除なし契約後10年未満はあり
積立額を増やすいつでも出来る出来ない
積立額を減らすいつでも出来る一部解約であれば出来る
積立停止いつでも出来る払済保険にすれば出来る
※デメリットあり※
積立再開いつでも出来る出来ない
税制面20年間非課税
※全ての非課税期間終了まで
2022年から開始すると40年
掛かかる。2024年1月から恒久化※
【年金受取り】雑所得税
【一時金受取り】一時所得税
ポイント

NISAのデメリットである保障がない問題は、掛捨て保険に入れば解決します。

『掛捨て保険とNISA』VS『変額保険』を3ステップで比較検証!

STEP
変額保険の保障と運用成果をチェック
検証条件
  • 年齢 : 30歳
  • 性別 : 男性
  • 月額保険料 : 3万円
  • 保険期間・保険料払込期間:65歳まで
スクロールできます
経過年数 死亡保険金累計保険料推移解約返戻金
年率6%の場合
(返戻率)
実質利回り
(年利)
10年目1,710万円360万円387万円
(107.7%)
0.72%
15年目1,710万円540万円681万円
(126.2%)
1.55%
20年目1,710万円720万円1,074万円
(149.2%)
2.01%
30年目2,318万円1,080万円2,318万円
(214.6%)
2.57%
35年目
(満期時)
3,275万円1,260万円3,275万円
(259.9%)
2.76%
STEP
【保険】と【投資】を別々にしたときの保障と運用成果をチェック
比較条件

【掛捨て保険:オリックス 収入保障保険 KEEP】

  • 年齢 : 30歳
  • 性別 : 男性
  • 保険期間・保険料払込期間:65歳まで
  • 月額保険料:3,270円
  • 保障:月額10万円(10万円 × 12ヶ月 × 35年 =4,200万円)

【投資:NISA(eMAXIS Slim 全世界株式 オール・カントリー)】

  • 積立期間:65歳まで
  • 積立額:26,730円
スクロールできます
経過年数 ①掛捨て保険料の推移掛捨て保険の保障推移積立推移②運用成果
年率6%の場合
(返戻率)
実質リターン(②-①)実質利回り
(年利)
10年目▲39万円3,000万円321万円438万円
(136.5%)
398万
(124.3%)
3.5%
15年目▲59万円2,400万円481万円777万円
(161.5%)
718万円
(149.3%)
3.6%
20年目▲78万円1,800万円642万円1,235万円
(192.5%)
1,156万円
(180%)
3.65%
30年目▲118万円600万円962万円2,685万円
(279%)
2,567万円
(266.7%)
3.77%
35年目
(満期時)
▲137万円120万円1,123万円3,808万円
(339.2%)
3,670万円
(326.9%)
3.82%
ポイント

保障は年々減少していくが、必要保障額も減っていくので問題なし。

STEP
【結論】保険・投資を分けた方が合理的

【保険】と【投資】を分ければ必要保障額が大きな時期は保障が手厚く、掛捨て保険料を含めて考えても投資の期待リターンが変額保険より高いです。

これが、変額保険やドル建て保険はやめたほうがいいと言われる理由であり、【保険】と【投資】を分けた方が総合的に見て経済合理性が高く、お金に困らなくなると言われる理由です。

もしあなたが保険営業から保険と投資を分けることを提案されていないなら、経験豊富なFPに相談できる【ほけんのぜんぶ】セカンドオピニオンを受けることをオススメします。

あらゆるお金の悩みはお金のプロに無料相談で解決!必ず貰えるプレゼントも好評!





『保険』と『投資』を分ける4つのメリット

  • 【メリット①】固定費が減り、家計が楽になる
  • 【メリット②】余計な手数料(保険関係費)がないので運用効率が高い
  • 【メリット③】保険を見直しやすい
  • 【メリット④】変額保険に入るよりお金の不安が減る

【メリット①】固定費が減り、家計が楽になる

仕事が変わって収入が減った…

子供の習い事・進学でお金が掛かる…

想定外の支出が多く、今月は支払いが厳しい…

保険と投資を分ければ積立額を増減・中断・再開など、経済状況の変化に合わせて積立額・積立ペースを自由にコントロールできるので、家計が楽になりストレスも減ります。

しかし、変額保険やドル建て保険はどんな状況でも毎月保険料を払い続ければいけず、支払いが継続できなければ解約・減額するしかなく、損する可能性が高くなります。。

『払済保険』に変更前提で保険に入る人もいますが『払済保険に変更前提 = 運用目的』と考えると、払済保険前提で保険に入るのはメリットがないばかりか、正直意味ないです。

ポイント

保険も投資も続けやすさはとても大事です。



【メリット②】余計な手数料(保険関係費)がないので運用効率が高い

変額保険やドル建ては保険特有の『保険関係費(手数料)』が保険料から差し引かれてしまいます。

保険と投資を分けてNISAで投資すれば保険関係費を払わずに済み、それだけで運用効率が格段に高まります。

以下は保険関係費(アクサ生命ユニットリンク)の参考表ですが、具体的な費用は一部開示されておらず透明性に欠けることがわかります。

保険関係費の細目手数料率
①保険契約の締結・維持および保険料の収納に必要な費用開示されていないので不明
②特別勘定の管理に必要な費用
③基本保険金保障に関する費用
積立金額に対して年率0.75%(0.5%+0.25%)を控除
④死亡保障などに必要な費用(危険保険料)開示されていないので不明
⑤保険料払込免除に関する費用保険料に対して0.1%〜0.2%を控除
ポイント

投資に元本保証がないなら損するリスクを少しでも減らすべき。
保険関係費は損するリスクを高めるだけです。




【メリット③】保険を見直しやすい

子供が社会人になったから、前ほど保障はいらない

住宅ローンを組んで団体信用生命保険に入ったから、保険を見直したい

考えが変わったから見直したい

貯金が貯まったから保険が必要なくなった

このように、考えや状況変化が訪れても掛捨て保険なら見直しやすいというメリットがあります。

将来の家族状況や経済状況の変化があったら見直せば、無駄な保険料を払わずに済みます。




【メリット④】変額保険に入るよりお金の不安が減る

【保険】

掛捨て保険で保険料安く、手厚い保障が持てるから家族をしっかり守れます。

【投資】

NISAは変額保険やドル建て保険より期待リターンが高く、運用益は非課税なので優先的に使おう

保険と投資を分ければ、変額保険・ドル建て保険に入るよりお得でストレスフリーな備えができます。

あらゆるお金の悩みはお金のプロに無料相談で解決!必ず貰えるプレゼントも好評!





デメリット

  • 【デメリット①】投資知識は最低限必要
  • 【デメリット②】面倒に感じる人もいる

【デメリット①】投資知識は最低限必要

暴落したらどうすれば良いんだろう…

投資したお金はいつどのタイミングで引き出せばいいだろう…

利益が出たらずっとそのままメンテナンスしなくて良いのかな…

投資に元本保証はなく、全て自己責任です。

損するリスクを減らすためには最低限の投資知識は必要不可欠なので、投資の勉強をすることをオススメします。

勉強で身についた投資知識は100%自分の為になり、絶対に無駄にならないので将来のお金の不安を解消したいなら最低限投資やお金の勉強して知識をつけましょう。

ポイント

無知で投資していくのは装備なしで険しい山に登るのと一緒。



【デメリット②】面倒に感じる人もいる

保険と投資を分けた方がいいと頭ではわかっていても、正直なところ面倒に感じる人もいます。

面倒に感じたまま何もせず銀行で貯金をしていくくらいなら、変額保険やドル建て保険に入った方が良いです。

ポイント

面倒なのは保険と投資を始めるまで。両方始めさえすれば継続するだけなので楽です。

あらゆるお金の悩みはお金のプロに無料相談で解決!必ず貰えるプレゼントも好評!




【現役FPぶっちゃけ】保険と投資をまとめるのはオススメできない

変額保険やドル建て保険のように『保険で投資』は運用効率が悪く、資産形成の遠回りになるだけなのでオススメできません。

『保険』は掛捨てで最低限の保障内容で保険料安く抑え、『投資』はNISAを軸に考えましょう。

ポイント

保険も人と一緒で得意・不得意があり、保険は『万一の時に経済的に困らないように保障する』ことは得意ですが『投資』は不得意。

あらゆるお金の悩みはお金のプロに無料相談で解決!必ず貰えるプレゼントも好評!





【保険】も【投資】も必ず比較してから決めよう!

金融商品は同等程度の内容なら少しでも費用が安いものを選ぶのが鉄則です。

これば保険も同じで、掛捨て保険に入るならしっかり比較して少しでも保険料が抑えられるものを選びましょう。

保険料を節約できれば家計負担も減り、投資に回せるお金が少しでも多くなるのであなたのお金の不安を解消してくれます。

保険・投資で損したくないなら経験豊富なFPに相談できる【ほけんのぜんぶ】でセカンドオピニオンを含めた相談をすれば、悩みを全て解決できるのでオススメです。

あらゆるお金の悩みはお金のプロに無料相談で解決!必ず貰えるプレゼントも好評!

デメリットを理解した上で変額保険に入りたい

保険と投資を分けた方が良いのはわかったけど、

  • 自分には保険で投資が考えに合っている
  • 色々考えるのは面倒
  • 気軽に投資を始めたい
  • ベストじゃなくてベターでいい

このように考え、デメリットを理解した上で変額保険やドル建て保険に入るなら問題ありません。

でも、もし保険で投資するなら『変額個人年金』は必ず比較しましょう。

『変額個人年金』は販売手数料の低さから提案される機会がほとんどないのが問題ですが、ユニットリンクやマーケットリンクなどの変額有期保険やドル建て保険より圧倒的に運用効率が良い保険です。

その場合、『変額個人年金』+『掛捨て保険』で備えるのも、変額有期保険やドル建て保険を保障面・運用面で上回り、保険相談窓口に全て任せられるの提案してもらってください。

ポイント

保険で投資するなら、変額個人年金は必ず比較して入らないと絶対に後悔する良い保険です。

提案を受けてなければ手数料重視の保険営業なので相談中断するのもあり。

あらゆるお金の悩みはお金のプロに無料相談で解決!必ず貰えるプレゼントも好評!

保険と投資を分けて備えることを決めた人へ

投資と保険は分けたいと思っても実際のところ、

  • 『投資というだけで難しそう…』
  • 『何から始めたらいいのかわからない…』
  • 『投資はやりたいけど出来るだけ損したくないな…』

このように思われる方も多いと思います。

私も以前は同じように考え、中々行動に移れずただ銀行貯金するだけでした。

ですが単純に貯金してもお金はふえません。

低金利時代で収入も上がりにくい今の時代こそ、『投資をすること』はあなたの10年、20年後の未来を大きく変えます。

  • 投資に興味はあるけど何から手をつけて良いかわからない
  • 早いうちから無駄なく将来に備えたい
  • どんな投資方法があるか教えて欲しいし、何に注意すべきか知りたい
  • 投資するなら損するリスクを少しでも減らしたい
  • 家計負担を抑えたい
  • 将来のお金の不安を解消したい

もしあなたがこの様に思ったなら、日本ファイナンシャルアカデミーが主催する金融初心者向けのマネーセミナーお金の教養講座に無料参加がオススメです。

なぜなら、日本ファイナンシャルアカデミーは設立20年超の老舗マネースクールであり、『金融商品販売目的』の他セミナーとは違い、金融商品販売は一切せず完全中立な立場でお金が貯まりやすい家計管理術や投資基礎までプロから無料で学べます。

実際の受講者さんで貯金が苦手だった人も、ここでお金と投資の基礎を勉強して家計の無駄をなくすことに成功し、貯金0円の状態から2年以内に100万円以上の資産形成に成功した人も多くいます。

お金の教養講座は金融商品販売をされることもなく完全無料で参加できてリスクゼロです。

まずは気軽に受講してみましょう。

金融知識は将来自分に100%返ってきます。

もしあなたがこれからお金や投資の知識を身につけ、投資を始めて行けば今抱えているお金の心配から解放された生活を送れることでしょう。

ぜひこの機会にお金の勉強の第一歩としてをお金の教養講座で自分の知りたい無料勉強会を受講してみましょう。

老舗マネースクールのお金のプロが教える金融知識のはじめの一歩!投資初心者に優しい内容!

まとめ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 3330726_s.jpeg
《まとめ・結論》
保険と投資は混ぜるな危険!別々に備えた方が経済合理性が高くお金の不安・悩みを解消できます!
  • 保険と投資を分けた方が経済合理性が高い、無駄ない備えができる。
  • 保障が必要なら掛捨て保険で、投資はNISAを活用するのがオススメです。
  • もし、保険で投資をしたいなら「変額個人年金」を必ず比較してから入ろう。
  • 【ほけんのぜんぶ】なら、最適な資産運用や保障の備え方を見つけられるのでオススメ
  • 保険以外の投資方法を知ると視野が広がる!
  • お金が貯まる家計管理や投資基礎を学べる無料セミナーお金の教養講座で知識をつけよう!

あらゆるお金の悩みはお金のプロに無料相談で解決!必ず貰えるプレゼントも好評!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大手保険代理店系FPとして10年以上勤めています。
保険やお金について無知な方が非常に多く、保険代理店や外交員の良いカモにされてしまっているお客様を何百件もみてきました。
このブログはそんな方を少しでも減らせるように、保険やお金の知識武装をして欲しいと考えて立ち上げました。

目次