【要注意!】マーケットリンクの実質利回りは低いのかを徹底検証!

  • マーケットリンクの利回りが高いみたいだけど、本当にそうなのかわからない
  • 見積書利回り5.5%と過去の実績だけしか説明されていない
  • 実質利回りが何%なのか、NISA・iDeCoと運用成果の差がどれくらい出るか説明されていない

マーケットリンク見積書に記載されている「利回り」と「実質利回り」は違い、投資において大事なのは「実質利回り」です。

でも、マーケットリンクの「実質利回り」は見積書の利回りよりかなり低く、保険営業にとって相談者に知られると不利になる情報です。

実際、「実質利回り」まで説明を受けたという人はほとんどいないでしょうが、マーケットリンクとNISAで実質利回りにどれくらい差があるか知らないとあとで後悔してしまうでしょう。

そこでこの記事では、業歴13年現役FPとして2,000世帯以上の家計・保険見直し相談を受けてきた筆者が、完全中立な立場で、保険営業が相談者に知られたくないマーケットリンクの実質利回りの実態について徹底解説します。

最後まで読めば、実質利回りは何%なのか、年率5.5%の運用結果になる為には実際何%で運用される必要があるのかを理解でき、どれくらい高リスク商品なのかがわかります。

この記事でわかること
  • マーケットリンクの実質利回りは見積書の利回りを大きく下回る事実
  • 年率5.5%の見積書利回りを達成するためには、手数料抜きで実質何%の利回りが必要か
  • NISAと実質利回りの比較
  • NISAなど保険以外の運用商品もまとめてFPに相談できる【マネプロ】でセカンドオピニオンを含めた無料相談してお金の悩みを解決しましょう。
  • 投資信託以外の投資も知っておくと視野が広がる!お金の教養講座で知識を身につけよう!

NISA・iDeCoもまとめて案内!投資は早く始めるほど有利だから悩んでいる時間が勿体無い!




目次

マーケットリンクの『実質利回り』を5年毎に検証

経過年数に応じた実質利回りを計算すると、経過年数が短いほど実質利回りは低く、長いほど高くなります。

また、見積書利回り5.5%だったとしても解約控除がなくなる11年目まで積立金は0.6%しか増えておらず、これなら銀行で貯金しているのと一緒なのにリスクだけ負っている状態になってしまいます。

検証条件
  • 年齢:30歳
  • 性別:男性
  • 保険期間・保険料払込期間;70歳
  • 月額保険料:30,140円
  • 利回り:年率5.5%と仮定
スクロールできます
経過年数
(年齢)
払込総額利回り5.5%の場合
解約返戻金
利回り5.5%の場合
返戻率
実質利回り
11年目
(41歳)
398万円400万円100.6%0.1%
15年目
(45歳)
543万円612万円112.8%1.2%
18年目
(48歳)
651万円801万円123.1%2.2%
20年目
(50歳)
723万円946万円130.7%2.6%
25年目
(55歳)
904万円1,382万円152.8%3.2%
30年目
(60歳)
1,085万円1,962万円180.9%3.6%
35年目
(65歳)
1,266万円2,728万円215.5%3.9%
40年目
(70歳)
1,447万円3,729万円257.7%4.2%

実質利回りは見積書利回りよりかなり低くなってしまう事実を案内されていないなら、その保険営業は信用できないので他でセカンドオピニオンを受けることをオススメします。

NISA・iDeCoもまとめて案内!投資は早く始めるほど有利だから悩んでいる時間が勿体無い!



【マーケットリンク】VS【NISA】年率5.5%の場合を比較

40年後の運用成果を同じ利回りで比較すると、NISAの方が1,518万円も多くなりました。

さらに、マーケットリンクは運用成果から一時所得税などが課税されるので実質利回りはさらに下がるのに対し、NISAの運用益は全額非課税です。

老後や将来のために1,518万円を使えるのと使えないのでは、あなたの人生に大きな影響を与えます。

スクロールできます
経過年数
(年齢)
払込累計【マーケットリンク】
利回り5.5%の解約返戻金
【マーケットリンク】
利回り5.5%の返戻率
【NISA】
利回り5.5%
評価額
【NISA】
利回り5.5%
返戻率
11年目
(41歳)
398万円400万円100.6%545万円136.9%
15年目
(45歳)
543万円612万円112.8%840万円154.7%
18年目
(48歳)
651万円801万円123.1%1,108万円136.9%
20年目
(50歳)
723万円946万円130.7%1,313万円170.2%
25年目
(55歳)
904万円1,382万円152.8%1,935万円214%
30年目
(60歳)
1,085万円1,962万円180.9%2754万円253.8%
35年目
(65歳)
1,266万円2,728万円215.5%3831万円302.6%
40年目
(70歳)
1,447万円3,729万円257.7%5247万円375%
楽天証券 積立簡単シュミレーションにて計算

金融リテラシーが高い人、保険屋や保険販売に携わる人以外が「保険は保険、投資は投資」という理由や根拠は、保険は手数料として掛捨て保険料を払うことになり、実質利回りが低いからです。

ロキ

1,500万円もあれば大切な家族との思い出づくりもたくさんできますね。

NISA・iDeCoもまとめて案内!投資は早く始めるほど有利だから悩んでいる時間が勿体無い!




マーケットリンクの実質利回りが低い理由は『保険関係費』

マーケットリンクは個人投資する場合には掛からない『保険関係費(手数料)』が掛かります。

同じ利回りで比較した時の差額が、『保険関係費』として保険会社に支払った手数料であり、実質的な掛捨て保険料です。

ちなみに保険関係費がいくら引かれているかは開示されておらず、ブラックボックスとなっていますが、保険会社はこの保険関係費で大きく儲けています。

【保険関係費】項目手数料率
①保険契約の締結および維持に必要な費用手数料率不明
②保険料払込みの免除に関する費用毎月0.2%を保険料から控除
③死亡保険金・高度障害保険金を支払うための
危険保険料に相当する費用
手数料率不明
④基本保険金額を最低保証するための費用年率0.375%を積立金から控除

NISA・iDeCoもまとめて案内!投資は早く始めるほど有利だから悩んでいる時間が勿体無い!


実質利回り5.5%になるには「最低8.4%以上」での運用が必要

マーケットリンクで実質利回り年5.5%を実現するには、手数料率不明の保険関係費は含めずに考えても、最低8.451%以上の運用をされていないといけません。

具体的な計算方法と根拠を見ていきましょう。

計算方法

マーケットリンクで一番人気の「外国株式型」で計算します。

  • 【運用費用】年率0.1760%
  • 【保険関係費の項目②】0.2% × 12ヶ月 = 年率2.4%
  • 【保険関係費の項目④】年率0.375%

手数料率2.951%(❶+❷+❸合計)

▪️年率8.451% ー 手数料率2.951%(❶+❷+❸合計) = 運用実績5.5%

本当はここにさらに【保険関係費の項目①・④】も掛かります。

保険関係費の項目①・④の手数料率が開示されていませんので、具体的に必要な年率はわかりません。

あくまで、開示されているものだけで最低でも年率8.451%以上の運用である必要があります

ちなみにマーケットリンクの運用レポートを参考すると、現時点で実質利回り5.5%の再現性が高いファンドは【外国株式型】のみです。

ロキ

一般的に投資信託の期待リターンは年3〜7%と言われています。
そう考えると、実質利回り5.5%のリターンを得るのは大変です。




NISAで実質利回り5.5%になるには、最低5.6%以上の利回りが必要

NISAはマーケットリンクと違い「保険関係費」などの手数料が掛からないので、実質利回り5.5%になるためのハードルが低いです。

具体的に計算してみましょう。

計算方法

NISAで大人気の優良ファンド「eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)」で計算します。

  • 【運用費用】0.05775%以内
  • 【保険関係費】なし(保険ではないので保険関係費はない)
  • 2024年5月時点 過去5年間の利回り14.35%

年率5.55775% ー 手数料率0.05775% = 運用実績5.5%

保険関係費などの余計な手数料がないことや解約控除ない分、同じ年率リターンだった場合の実質利回りが高くなるだけでなく、元本割れリスクもマーケットリンクより低いです。

ロキ

金融商品は同じような内容なら手数料が安い方が期待リターンも高くなり、元本割れリスクを抑えられるんですね。

NISA・iDeCoもまとめて案内!投資は早く始めるほど有利だから悩んでいる時間が勿体無い!



NISAでも外国株式型と全く同じ運用を手数料を抑えてできる!

マーケットリンクの外国株式型と全く同じ運用方法のファンドは多く、同等内容なら手数料が安いものを選んだ方が圧倒的に有利です。

スクロールできます
手数料率(税抜)ベンチマーク投資対象
マーケットリンク
外国株式型
年0.160%+保険関係費MSCIコクサイ主に日本除く主要先進国、新興国、フロンティア国に投資
ニッセイ外国株式
インデックスファンド
年0.093%(税抜)MSCIコクサイ主に日本除く主要先進国、新興国、フロンティア国に投資
eMAXIS Slim
先進国株式インデックス
年0.0965%(税抜)MSCIコクサイ主に日本除く主要先進国、新興国、フロンティア国に投資

手数料を抑えて有利な運用をしたいならマーケットリンクは不向きとなってしまいます。

NISA・iDeCoもまとめて案内!投資は早く始めるほど有利だから悩んでいる時間が勿体無い!






なぜ?保険屋が実質利回りの説明をしない理由

実質利回りの話は保険屋にとって不利になるので説明されないケースが多いです。

  • 実質利回りの計算の仕方や考え方を知らない
  • マーケットリンクの手数料の高さが際立ってしまうから案内したくない
  • 保険屋が不利になる情報は与えたくない
  • 保険屋の金融リテラシーが低い
  • 変額保険の方がNISAより良いと本気で思っている(一定数こんな保険屋います)

保険屋は保険を売るのが仕事なので、マーケットリンクを売り込んでくるのは仕方のないことです。

でも、実質利回りや手数料が高いこと、手数料は実質的な掛捨て保険料になってしまうことなどの事実を相談者に告げないのは卑怯でしかありません。

正しい情報や事実を教えてくれないと、マーケットリンクが自分に最適なのか判断できないからです。

保険業界はどれだけ契約件数を取るか、どれだけ高額な契約を取るかを最優先としており、顧客利益第一には絶対ならないだろうと、同じ業界にFPとして従事している筆者は考えます。

もちろん中には顧客第一の素晴らしい保険屋もいますが、全員がそうではなく金融リテラシーの低い相談者につけ込む悪質な保険屋もいるので注意しましょう。

ロキ

保険は難しいで思考停止が一番ダメ。
自分のお金は自分で守らないと搾取される人生になっちゃいます。






【金融商品の選び方】同等内容なら手数料が低いほうがお得!

手数料は将来の運用成果に大きな影響を与えます。

  • ①【利回り】9% 【手数料】6% 【実質利回り】3%
  • ②【利回り】5% 【手数料】0.1% 【実質利回り】4.9%

この2つで投資するとしたら、どちらが良い運用成果になりそうでしょうか?

正解は…

②です!

利回りが高くても、手数料が高ければ運用益から相殺されてしまうので「手数料は安い方がいい」です。

利回りと手数料はセットで考える必要があります。

金融商品を選び方として同等内容なら手数料が安いものを選びましょう。

NISA・iDeCoもまとめて案内!投資は早く始めるほど有利だから悩んでいる時間が勿体無い!






運用目的ならマーケットリンクに入った時点で損する!

マーケットリンクは手数料(運用関係費・保険関係費)が高いです。

運用目的ならNISAやiDeCoなど保険以外で投資した方が、良い運用成果になるでしょう。

NISAには保障がない。
だからマーケットリンクで保障と投資を兼ねた方が良くない?

ロキ

それなら掛捨て保険に入りつつ、NISAで投資した方が合理的です。
マーケットリンクは保険関係費として払う掛捨て保険料が高すぎます。

掛捨て保険は「収入保障保険」なら保険料を抑えて大きな保障が持てます。

金融リテラシーが高い人や知識あるFPは「保険」と「投資」を分けて備えています。

NISA・iDeCoもまとめて案内!投資は早く始めるほど有利だから悩んでいる時間が勿体無い!






勉強しないで投資は損するリスクを高める

投資するなら最低限の勉強はした方がいいです。

最低限の知識があれば、マーケットリンクの実質利回りの低さ、手数料の高さに違和感を感じるはずです。

将来お金で困らない為に投資を始めるなら、マーケットリンクに入った時点で損します。

保険営業に勧められるがまま入っても、投資は全て自己責任です。

投資で損したくないなら、最低限の知識は必要です。

どう勉強したらいいかわからない人は、マネースクールの無料セミナーでプロから投資方法や基礎を教えてもらうことをおすすめします。

老舗マネースクールのお金のプロが教える金融知識のはじめの一歩!投資初心者に優しい内容!





NISAを始めたい人へ

  • NISAで将来に備えたいけど、どこで始めれば良いかわからない…
  • チャレンジしようと思うけど自分で全部出来るかな…

金融機関は無数にあるので、このような悩みを持つ人も多いです。

実際に多くの方が、ネームバリューからの安心感だけで大手銀行や大手証券会社で始めますが、

「大手なのに銘柄数が9つしかなかった」

「最低積立額が100円ではなく1000円からだった」

「他の投資商品を案内されて煩わしかった」

「アプリが使いずらい」

というケースも珍しくありません。

それなら、国内証券会社の老舗◆松井証券◆NISAを始めましょう。

◆松井証券◆は優待券生活で有名な桐谷さんが愛用している証券会社で、つみたてNISAの取扱銘柄数は業界最高水準の170銘柄以上、最低積立額100円からでき、専用アプリが初心者でも使いやすいと好評です。

NISAの口座開設や取引開始時など、分からないことがあればサポートセンターに連絡すれば丁寧に教えてくれ、こちらも対応満足度が高く好評です。

つみたてNISAは早く始めて長く継続するほど効果も大きくなりますから、金融機関変更もできるとはいえ失敗している時間が勿体ないです。

NISAは口座開設〜投資開始まで早くても1ヶ月ほど掛かり、すぐ始められる訳ではありませんから、まずは◆松井証券◆NISAの申請をしましょう。

口座開設は無料で出来ますし、NISAに掛かる運用手数料はどこの金融機関でも一切変わりません。

1日でも早く、1日でも長くNISAを使って将来へ向けてお金を育てましょう。

\ 初心者に優しい大手老舗証券会社! NISAを始めるのが不安でも電話サポートありで安心!


マーケットリンクではなく、自分で投資を始めたい人へ

マーケットリンク以外で投資を始めたいと思っても、

  • 『投資というだけで難しそう…』
  • 『何から始めたらいいのかわからない…』
  • 『投資はやりたいけど出来るだけ損したくないな…』

このように思われる方も多いと思います。

私も以前は同じように考え、中々行動に移れずただ銀行貯金するだけでした。

ですが単純に貯金してもお金はふえません。

低金利時代で収入も上がりにくい今の時代こそ、『投資をすること』はあなたの10年、20年後の未来を大きく変えます。

  • 早いうちから無駄なく将来に備えたい
  • 自分に合った投資方法や資産配分を知りたい
  • 投資するなら損するリスクを少しでも減らしたい
  • 家計負担を抑えたい
  • 将来のお金の不安を解消したい

もしあなたがこの様に思ったなら、日本ファイナンシャルアカデミーが主催する金融初心者向けのマネーセミナーお金の教養講座に無料参加がオススメです。

なぜなら、日本ファイナンシャルアカデミーは設立20年超の老舗マネースクールであり、『金融商品販売目的』の他セミナーとは違い、金融商品販売は一切せず完全中立な立場でお金が貯まりやすい家計管理術や投資基礎までプロから無料で学べます。

実際の受講者さんで貯金が苦手だった人も、ここでお金と投資の基礎を勉強して家計の無駄をなくすことに成功し、貯金0円の状態から2年以内に100万円以上の資産形成に成功した人も多くいます。

お金の教養講座は金融商品販売をされることもなく完全無料で参加できてリスクゼロです。

まずは気軽に受講してみましょう。

金融知識は将来自分に100%返ってきます。

もしあなたがこれからお金や投資の知識を身につけ、投資を始めて行けば今抱えているお金の心配から解放された生活を送れることでしょう。

ぜひこの機会にお金の勉強の第一歩としてをお金の教養講座で自分の知りたい無料勉強会を受講してみましょう。

老舗マネースクールのお金のプロが教える金融知識のはじめの一歩!投資初心者に優しい内容!




デメリットを理解した上でマーケットリンクに入りたい!

  • 保険営業の説明だけでは理解しきれなかった
  • マーケットリンクの提案を受けたけど、難しくてよくわからなかった
  • お金が増えると良い話すぎて不信感を感じて自分で調べようと思った

このブログを読んでいる人は、このように感じている人が多いと思います。

変額保険は非常に複雑な保険で、メリット・デメリットや自分に適不適かしっかり理解した上で入らないと、あとで後悔する可能性が高いです。

読者の方には、そうなって欲しくありません。

  • 実質利回りの説明をしてくれなかった
  • 担当の保険営業の案内に疑問をもった
  • 変額個人年金の案内がなく、変額有期保険の説明しか受けていない
  • NISA・iDeCoと詳しく比較してから決めたい
  • 保険に固執せず幅広い金融商品の中から最適な積立方法を知りたい

このように思うなら、東証グロース市場上場企業のブロードマインド(株)が運営する保険・投資信託・住宅ローンなど幅広い金融商品を加入までまとめて相談できる【マネプロ】でセカンドオピニオンを含めて相談することをオススメします。

知識豊富なFPが担当してくれるマネプロは特定の金融機関に属さない、資産形成に精通したFPに相談できるので、最適な貯金方法は何か、変額保険・NISA・iDeCoなど保険以外の金融商品との違いを詳しく比較しなら、あなたに最適な保険と貯金方法が見つけられる。

FPへの相談はあらゆるお金の悩みを相談可能で、保険だけじゃなく投資信託や住宅ローンなども加入までまとめて相談できます。

スマホやタブレットから全国どこでもオンライン相談ができて、押し売りは一切なしとホームページで公言しており、ノーリスクで相談できるので安心です。

FPはお金の専門家ですから金融、税制、不動産、住宅ローン、保険、教育資金、年金制度など、避けては通れないお金の悩みをなんでも相談できるのがメリットです。

保険以外の金融商品もまとめてFPに無料相談できるマネプロで、まずは気軽に無料相談をしてみましょう!

NISA・iDeCoもまとめて案内!投資は早く始めるほど有利だから悩んでいる時間が勿体無い!





まとめ

まとめ・結論
  • マーケットリンクの実質利回りは見積書と比べてかなり低い
  • 保険関係費(手数料)が高いから実質利回りが低く、元本割れリスクもNISAより高い
  • あなたのお金を守れるのはあなただけ!保険屋のカモにならないで欲しい。
  • NISAなど保険以外の運用商品もまとめてFPに相談できる【マネプロ】でセカンドオピニオンを含めた無料相談してお金の悩みを解決しましょう。
  • 投資やお金の知識をつけると視野が広がる!無料セミナーお金の教養講座で基礎知識をつけよう。

NISA・iDeCoもまとめて案内!投資は早く始めるほど有利だから悩んでいる時間が勿体無い!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次