勿体無い!メットライフのライフインベストプラスの評判・口コミを徹底解説!

  • 三大疾病保険で掛け捨てはもったいないとライフインベストプラスを勧められた…
  • 三大疾病、死亡時に備えつつ貯金にもなるからすごく良いと思ったけど
  • ネット上の評判悪いし、投資ならNISAやiDeCoも気になるし、何がいいのかわからない…
  • 損したくないから、誰かライフインベストプラスについて中立的な意見を教えて!

三大疾病保障と死亡時に備えつつ貯金ができて絶対無駄にならないだろうと思い、メットライフ生命のライフインベストプラスに入ったけど「全然お得じゃなかった」「大損した」など後悔するケースが多いです。

なぜなら、保険営業側が知られると不利になるNISAやiDeCoなど比較必須な類似金融商品としっかり比較せずライフインベストプラスを契約させているからです。

これでは情報弱者である相談者が保険営業に搾取されてしまい、損をしてしまいます。

そこでこの記事では、業歴13年現役FPとして2,000世帯以上の家計・保険相談を受けてきた筆者が法人サイトでは出来ない完全中立な立場で、ライフインベストプラスの評判が酷く悪い理由、もっと良い備え方をぶっちゃけ解説します。

最後まで読めばライフインベストプラスに入るべきかどうかが判り、保険営業と対等に話せるよう知識武装することが出来ます。

《この記事の結論》
ライフインベストプラスに入るべきじゃない!

ライフインベストプラスの保険関係費(手数料)は三大疾病保障があるせいで高すぎるから運用効率が悪く、NISAより損するリスクも高い。

保険関係費(手数料)は積立金に回ることはなく実質的に高い掛捨て保険料を払うことと一緒です。

保障が必要なら『掛捨て保険』で備えて、投資は『NISA・iDeCo』でした方が総合的にみて無駄がなく経済合理性が高い備えができます!

もし変額保険に入るなら、販売手数料の低さから提案されることがない『変額個人年金』がオススメなのでライフインベストプラスと必ず比較しましょう。

同じ時間・金額を費やすなら、NISA・iDeCoを軸に考えましょう。
あなたの人生は一度きり!失った貴重な時間は二度と戻らないので無駄は避けよう。

あらゆるお金の相談は知識豊富なFPが担当してくれる【ほけんのぜんぶ】で解決できるのでオススメです。

保険営業のカモにされたくない!自分で良し悪しを判断できるようになりたい!
それなら、お金が貯まる家計管理や投資基礎を学べる無料セミナーお金の教養講座で知識をつけよう!

あらゆるお金の悩みはお金のプロに無料相談で解決!必ず貰えるプレゼントも好評!





目次

ライフインベストプラスの口コミ・評判

口コミ

9月から発売されたメットライフ生命保険。三大疾病保障の変額保険「ライフインベストプラス」保険会社お決まりの言葉「貯蓄と保障同時に出来ます…😢
貯蓄と保険は必ず分けて考えましょう。
#X(Twitterより)

口コミ

ライフインベストプラスに加入しました!3大疾病になっても給付金が受けとれるし、ならへんかったら、運用が期待できるし、加入出来て満足です。
#X(Twitterより)

ポイント

客観的に見ると口コミ通り、実質的に保険関係費として高い掛捨て保険料を払うことになるので貯蓄と保険は分けた方が良いのは事実です。

「ライフインベスト」と「ライフインベストプラス」を比較!

もし三大疾病にならずに満期を迎えると、ライフインベストプラスの方が死亡保障だけのライフインベストより多くの掛捨て保険料を払うことになるという結果でした。

比較条件
  • 年齢 : 30歳
  • 性別 : 男性
  • 月額保険料 : 20,000円
  • 保険期間・保険料払込期間:70歳まで
保障保険金額保険料総額70歳時年率3%の場合の満期保険金(返戻率)70歳時年率6%の場合の満期保険金(返戻率)
①ライフインベスト死亡1,303万円960万円1,303万円(135.8%)2,823万円(294%)
②ライフインベストプラス死亡か三大疾病
(いずれか1回)
1,036万円960万円1,036万円(107.9%)2,547万円(265.3%)
差額(②−①)267万円−267万円276万円
ポイント

30歳と若いのに三大疾病保険料として月額5,750円(276万円÷40年÷12ヶ月)を掛捨て保険料として払っていると考えると高いです。

三大疾病保障は「掛け捨て保険」に入った方がお得?保険料を比較検証!

保障は掛捨て保険で備えた方がライフインベストプラスで何もなかった時に払う掛捨て保険料より圧倒的に安いという結果でした。

比較条件
  • 年齢 : 30歳
  • 性別 : 男性
  • 三大疾病保険(はなさく生命):保障期間・保険料払込期間は終身
  • 死亡保険(FWD生命):保障期間・保険料払込期間は70歳まで
商品名保障保険金額月額保険料総額保険料
三大疾病保険
(はなさく生命)
はなさく一時金三大疾病50万円1,455円69.8万円
死亡保険
(FWD生命)
収入保障保険死亡保障月額5万円
(加入時保障額2,400万円)
※保障は逓減する※
1.355円65万円
合計2,810円134.8万円
※収入保障保険は保証期間5年、非喫煙優良体でシュミレーション
ポイント

【ライフインベストプラスの掛捨て保険料:5,750円】と比べると掛捨て保険で入ったほうが圧倒的に安く、家計に優しいです。





三大疾病の保障額を高くする必要がない理由

  • 【理由①】日本には「高額療養費制度」があり治療費の上限額がある
  • 【理由②】治療費以上を心配するとキリがない
  • 【理由③】究極の保険は貯金!三大疾病リスクが低い時に貯金すべきだから

【理由①】日本には「高額療養費制度」があり三大疾病も治療費の上限がある

高額療養費制度とは、医療機関や薬局の窓口で支払った額(※)が、ひと月(月の初め から終わりまで)で上限額を超えた場合に、その超えた金額を支給する制度です。

ひと月の治療費上限額は年齢・収入によって異なりますが、この制度により三大疾病でも治療費の上限がある程度あることを考えると、数百万円、数千万円の三大疾病保障はいらない。

69歳以下の収入別「高額療養費一覧」と一例
適用区分ひと月の上限額多数該当
(過去12ヶ月以内に3回以上、上限額に達した場合4回目から適用)
年収約1,160万円〜80,100円+(医療費−267,000円)×1%140,100円
年収約770万円〜1,160万円167,400円+(医療費−558,000円)×1%93,000円
年収約370万円〜770万円80,100円+(医療費−267,000円)×1%44,400円
〜年収約370万円57,600円44,400円
住民税非課税者35,400円24,600円
厚生労働省:高額療養費制度を利用される皆さまへ(平成30年8月診療分から)より出典
(例)年収370万円〜770万円の適用区分でシュミレーション

・ひと月の医療費100万円の場合(毎月100万円の医療費が掛かった場合の年間医療費目安)
実負担額:80,100円+(医療費100万円−267,000円)×1%=87,430円
年間医療費目安:661,890円(87,430円×3ヶ月+多件数該当44,400円×9ヶ月)

・ひと月の医療費300万円の場合(毎月300万円の医療費が掛かった場合の年間医療費目安)
実負担額:80,100円+(医療費300万円−267,000円)×1%=107,430円
年間医療費目安:721,890円(107,430円×3ヶ月+多件数該当44,400円×9ヶ月)

※ひと月10万円くらいあれば、三大疾病の医療費も問題ない※

ポイント

治療が長期化し高額療養費の多件数該当になると実負担額はより少なくなります。

70歳以上の収入別「高額療養費一覧」と一例
適用区分ひと月の上限額多数該当
(過去12ヶ月以内に3回以上、上限額に達した場合4回目から適用)
年収約1,160万円〜252.600円+(医療費−842,000円)×1%140,100円
年収約770万円〜1,160万円167,400円+(医療費−558,000円)×1%93,000円
年収約370万円〜770万円80,100円+(医療費−267,000円)×1%44,400円
年収156万円〜年収370万円57,600円44,400円
Ⅱ住民税非課税世帯24,600円24,600円
Ⅰ住民税非課税世帯
(年金収入80万円以下など)
15,000円15,000円
厚生労働省:高額療養費制度を利用される皆さまへ(平成30年8月診療分から)より出典
(例)年収156万円〜370万円の適用区分でシュミレーション

・ひと月の医療費100万円の場合(毎月100万円の医療費が掛かった場合の年間医療費目安)
実負担額:57,600円
年間医療費目安:572,400円(57,600円×3ヶ月+多件数該当44,400円×9ヶ月)

・ひと月の医療費300万円の場合(毎月300万円の医療費が掛かった場合の年間医療費目安)
実負担額:57,600円
年間医療費目安:572,400円(57,600円×3ヶ月+多件数該当44,400円×9ヶ月)

※ひと月6万円くらいあれば、三大疾病の医療費も問題ない※

ポイント

70歳以上は年金生活者が多く現役世代より収入が落ちるが、その分医療費の実負担額も落ちる!

【理由②】治療費以上を心配するとキリがない

三大疾病保険は主に「治療費」のための保険です。

でも、保障額を大きく設定すれば治療費だけでなく「働けない期間や収入減時の補填」や「三大疾病罹患後の介護費用や住宅バリアフリー化費用」などで三大疾病保険金を使うことができるかもしれませんが、その分保険料が高くなります。

心配すればキリがなくなり、保険料がどんどん高くなって『合理性のない高い保険』になってしまうので、三大疾病の保障が高く設定する必要はない。

ポイント

あくまで個人の価値観によるが、客観的にみて三大疾病保険は治療費を補うための保険と考えれば高い保障を設定して高い保険料を払う必要はない。

貯金があればどんな状況でも困らなくなるので、特に若年層はNISAなど保険以外で資産形成に軸をおいた方が将来困らなくなります。

【理由③】究極の保険は貯金!三大疾病リスクが低い時に貯金すべきだから

そもそも三大疾病に罹ろうと、ちょっとした病気をしようと貯金で治療費を補えるなら三大疾病保険に入る意味はない。

保険は『特定の状態に該当した場合の経済的援助』であり、貯金がしっかりあれば『どんな状態に陥ろうと頼れる究極の保険』になります。

三大疾病リスクが飛躍的に高まるのは70歳以上なので、それまでの現役世代の時にできる限り保険料の無駄を省き、NISAやiDeCoを軸に将来に備えていけば、どんな時も頼れる『究極の保険』になる!

ポイント

リスクが低いとはいえ三大疾病や死亡時が心配なら現役世代だけの期間限定の保険で備えれば保険料も安く無駄がない!少しでも浮いた保険料は貯金に回そう!

「ライフインベストプラス」と「NISA」運用目的ならどっちがお得か検証!

何もなかったことを考えるとNISAとの運用成果に圧倒的差が出ます。

掛捨て保険に入ってNISAで投資した方が経済合理性が高いことが判ります。

年率3%だった場合

1.7万円以内(816万円÷40年÷12ヶ月で計算)の掛捨て保険ならライフインベストプラスよりお得

年率6%だった場合

2.9万円以内(1,435万円÷40年÷12ヶ月で計算)の掛捨て保険ならライフインベストプラスよりお得

さらに、ライフインベストプラスは解約返戻金・満期保険金に一時所得税が掛かってしまうがNISAは運用益全額非課税、iDeCoなら退職所得控除が使えて運用益への課税を大幅に縮小させることが出来ます。

投資をするならNISAやiDeCoを活用した方が断然お得です!

比較条件
  • 年齢 : 30歳
  • 性別 : 男性
  • 月額保険料 : 20,000円
  • 保険期間・保険料払込期間:70歳まで
商品名保険金額保険料総額満期時で年率3%
運用だった場合(返戻率)
満期時で年率6%
運用だった場合(返戻率)
①ライフインベストプラス1,036万円960万円1,036万円(107.9%)2,547万円(265.3%)
②NISAなし960万円1,852万円(192.9%)3,982万円(408.6%)
差額(①−②)1,036万円−816万円−1,435万円
ポイント

NISAとライフインベストの運用成果が同じだった場合の差額は年率3%で816万、年率6%で1,435万円と大きい!これだけ差額あるなら掛け捨て生命保険に入ってもお釣りがくる!






「ライフインベストプラス」「NISA」「iDeCo」の特徴まとめて比較!

2024年1月にNISAが『新NISA』にリニューアルしました。

非課税運用期間の恒久化、投資可能期間の恒久化、年間投資枠の超拡大、NISA・つみたてNISAの併用可能に…など、今よりもお得な使わないと勿体無い制度になりました。。

保障手数料運用益への課税取扱商品非課税投資枠運用期間途中引出し
ライフインベストプラスあり・運用手数料
・保険関係費

一時所得税か贈与税
投資信託なし満期まで
(最長80歳まで)
解約すれば可能
(10年以内は解約控除あり)
iDeCoなし・新規加入手数料
・運用手数料
・給付手数料
退職所得控除投資信託
定期預金
保険
年間14.4万~81.6万限度最長75歳まで原則不可
NISAなし運用手数料運用益非課税投資信託
ETF
年間360万限度
(月30万まで)
無期限可能

あらゆるお金の悩みはお金のプロに無料相談で解決!必ず貰えるプレゼントも好評!

【現役FPぶっちゃけ】保険営業が教えてくれない事実

  • 【ぶっちゃけ①】運用目的ならNISAやiDeCo等で投資した方が確実に良い
  • 【ぶっちゃけ②】保険と投資は分けた方が合理的なのでオススメ
  • 【ぶっちゃけ③】運用関係費が安くても保険関係費が高い!NISAの方が高いリターンが期待できる!

【ぶっちゃけ①】運用目的ならNISAやiDeCo等で投資した方が確実に良い

ライフインベストプラスは三大疾病保障がある分、保障料として実質的な掛捨て保険料(保険関係費)を払うことになり、運用効率が非常に悪いです。

この事実は保険販売側にとって不利な情報となるので、教えてくれないことも多いでしょう。

NISAやiDeCo等を利用したり、個人で投資信託をした方が保険関係費が掛からずに投資できますので、運用目的ならライフインベストプラスに加入すべきではありません。

【ぶっちゃけ②】保険と投資は分けた方が合理的なのでオススメ

三大疾病や死亡時が心配なら割安な掛捨て保険で備えればライフインベストプラスより保障が手厚くなります。

投資は個人でNISAやiDeCo、投資信託等をした方が平均的に見ればライフインベストプラスより良い運用結果になる可能性が高いです。

保険営業がメインの仕事ではないFPや金融リテラシーが高い人なら、誰でも保険と投資は分けるべきと言うでしょう。

【ぶっちゃけ③】運用関係費が安くても保険関係費が高い!NISAの方が高いリターンが期待できる!

2023年8月から新たな投資先として、三菱UFJ国際投信が運用する大人気のファンド「eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)」と「eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」が選べるようになりました。

運用関係費も同じファンドで投資するなら、ライフインベストプラスの方が安いと勧められるでしょう。

ファンド名運用会社運用関係費
(ライフインベスト)
運用関係費
(NISA)
運用関係費の差率
世界株式型
(インデックス)
三菱UFJ国際投信株式会社年率0.1100%年率0.1133%年率0.0033%
米国株式型
(インデックス)
三菱UFJ国際投信株式会社年率0.0935%年率0.09372%年率0.0037%

でも、れだけ運用関係費が安くても手数料率が開示されていない上、手数料率も高い「保険関係費」がライフインベストプラスだと掛かるので、長期的に見てNISAで同じファンドで投資した方が元本割れリスクも低いし、高いリターンを期待できる。

ポイント

NISAは運用益に課税されないが、ライフインベストプラスは運用益に課税されてしまいます!

デメリットを理解した上でライフインベストプラスに加入したい

  • 保険営業の説明だけでは理解しきれなかった
  • ライフインベストプラスの提案を受けたけど、難しくてよくわからなかった
  • お金が増えると良い話すぎて不信感を感じて自分で調べようと思った
  • NISAよりライフインベストプラスの方が良いと言われて担当者に疑問を持った

このブログを読んでいる人は、このように感じている人が多いと思います。

変額保険は非常に複雑な保険で、メリット・デメリットや自分に適不適かしっかり理解した上で入らないと、あとで後悔する可能性が高いです。

読者の方には、そうなって欲しくありません。

  • 担当の保険営業の案内に疑問をもった
  • 変額個人年金の案内がなく、変額有期保険の説明しか受けていない
  • NISA・iDeCoと詳しく比較してから決めたい
  • 保険に固執せず幅広い金融商品の中から最適な積立方法を知りたい

このように思うなら、【ほけんのぜんぶ】でセカンドオピニオンを含めて相談することをオススメします。

【ほけんのぜんぶ】は知識・経験豊富なFPに相談できるので、最適な貯金方法は何か、保険・NISA・iDeCoなど保険以外の金融商品との違いを詳しく比較しなら、あなたに最適な保険と貯金方法が見つけられます。

FPへの相談はあらゆるお金の悩みを相談できるので、金融、税制、不動産、住宅ローン、保険、教育資金、年金制度など、避けては通れないお金の悩みをなんでも相談できるのがメリットです。

スマホやタブレットで、どこでもオンライン相談もできて、押し売りは一切なしとホームページで公言しているので安心です。

FPにあらゆるお金の相談ができる【ほけんのぜんぶ】でまずは気軽に無料相談をしてみましょう!

あらゆるお金の悩みはお金のプロに無料相談で解決!必ず貰えるプレゼントも好評!





保険と投資を分けて無駄なく備えたい人へのオススメ

投資と保険は分けたいと思っても実際のところ、

  • 『投資というだけで難しそう…』
  • 『何から始めたらいいのかわからない…』
  • 『投資はやりたいけど出来るだけ損したくないな…』

このように思われる方も多いと思います。

私も以前は同じように考え、中々行動に移れずただ銀行貯金するだけでした。

ですが単純に貯金してもお金はふえません。

低金利時代で収入も上がりにくい今の時代こそ、『投資をすること』はあなたの10年、20年後の未来を大きく変えます。

  • 投資に興味はあるけど何から手をつけて良いかわからない
  • 早いうちから無駄なく将来に備えたい
  • どんな投資方法があるか教えて欲しいし、何に注意すべきか知りたい
  • 投資するなら損するリスクを少しでも減らしたい
  • 家計負担を抑えたい
  • 将来のお金の不安を解消したい

もし、あなたがこのように思うなら、日本ファイナンシャルアカデミーのお金の教養講座がオススメです。

日本ファイナンシャルアカデミーは設立20年超とマネースクールの老舗であり、『金融商品販売目的』の他セミナーとは違い、金融商品販売は一切せず完全中立な立場でお金全般や投資基礎までプロから無料で学べます。

お金の教養講座を受講した結果、受講者の85%が家計改善に成功し以前より貯蓄できるようになっており、収入アップしていないのに年間12万円以上の貯蓄に成功した人、貯金0円から2年以内で100万円貯めることに成功した人が多数おり、お金のプロから学ぶ効果が高いことがわかります。

無料マネーセミナーなのでリスクゼロで学べますので、ますは気軽に受講してみましょう。

金融知識は将来自分に100%返ってきます。

もしあなたがこれからお金や投資の知識を身につけ、投資を始めて行けば今抱えているお金の心配から解放された生活を送ることが出来ます。

ぜひこの機会にお金の勉強の第一歩としてをお金の教養講座自分の知りたい無料勉強会を受講してみましょう。

老舗マネースクールのお金のプロが教える金融知識のはじめの一歩!投資初心者に優しい内容!



まとめ

《この記事の結論》
ライフインベストプラスに入るべきじゃない!
  • ライフインベストプラスは保険関係費として実質的に割高な掛捨て保険料を払うことになる。
  • それなら掛捨て保険で三大疾病、死亡保障に備えた方が掛捨て保険料は安く抑えられる。
  • 投資ならNISAなど保険以外でやった方が期待リターンは高いのでオススメです。
  • もし変額保険に入るなら、ライフインベストプラスではなく変額個人年金がおすすめ!
  • 金融全般の知識豊富なFPが担当してくれる【ほけんのぜんぶ】でNISA・iDeCoを含めた比較をしよう!
  • NISAと掛捨て保険を組合せれば、ライフインベストプラスより合理的な良い備えが出来る
  • 投資信託以外の投資も知っておくと視野が広がる!お金の教養講座で知識を身につけよう!

あらゆるお金の悩みはお金のプロに無料相談で解決!必ず貰えるプレゼントも好評!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大手保険代理店系FPとして10年以上勤めています。
保険やお金について無知な相談者が非常に多く、保険営業の良いカモにされてしまっているケースを何百件もみてきました。
このブログはそんな方を少しでも減らせるように、保険やお金の知識武装をして欲しいと考えて立ち上げました。

質問や記事リクエスト、記事執筆も承りますので問い合わせからお願いします。

目次