FWD生命のがんベストゴールドの評判・口コミを現役FPが徹底解説!

  • FWD生命のがん保険をオススメされたけど他社と比べて良い保険なのかな…
  • FWD生命なんて今まで知らなかったし、保障内容が良くても倒産したら嫌だし…
  • あとで後悔したくないから、誰か客観的に見て本当にオススメなのか教えて!
保険営業

2人に1人が癌になります。
通院治療が多く、がんになったらお金が掛かるから入れる時にがん保険に入りましょう。
一時金に特化したがん保険がオススメです。

このように、FWD生命(旧FWD富士生命)のがん保険「がんベストゴールドα」を保険営業からオススメされるケースが多いです。

でも、がん保険は各社毎年のように新しい保険を出しているので、しっかり比較しないとFWDのがん保険が最適なのかわからないし、保険料で損する可能性もあります。

そこでこの記事では、業歴13年現役FPとして2,000世帯以上の家計・保険見直し相談を受けてきた筆者がFWD生命のがん保険について法人ブログには出来ない完全中立な立場でぶっちゃけ解説します。

最後まで読めば、この保険に入るべきかどうか、そもそも今のあなたにがん保険が必要なのかを知ることができます。

《この記事の結論》
FWD生命のがん保険は保険料が高い!もし入るなら他社比較は必須!

FWD生命のがん保険と同等内容で保険料が安いがん保険はたくさんあります。

もしがん保険に入るなら最低3社以上は比較してから入りましょう。

がん保険はそもそも必要なのか、どのがん保険が最適なのか、最適な資産形成方法など、あらゆるお金の悩みは保険以外の金融商品もFPに加入までまとめて相談できる【マネプロ】なら、あなたの悩みをすべて解決できます。

あなたの考え方、家族状況、家計事情、資産額などを総合的に見てがん保険の必要性から案内してくれる

目次

がんベストゴールドαのリアルな評判・口コミ

ネット上の評判・口コミは給付金支払いに関してのネガティブな評価が多いです。

良い口コミ

がん保険ならFWD生命のがんベストゴールドがおすすめよ!私も入ってるー #X(旧Twitterより)

良い口コミ

入って2年未満でしたが満額おりました!
口コミをみていて支払われるまでは不安でしたが、無事に200万支払われました!今後の保険料も払わなくて良くなりましたし、保証も続くので入っていて良かったと思いました!
みん評より

悪い口コミ

そういえばがんと診断されたら保険金が給付される保険に入ってるんですが(FWD生命のがんベストゴールドα)治療している間は2年に1回給付されるとのことなので申請したら給付されなかった!まじ意味不明!事前に電話で問い合わせてホルモン療法でも給付するって言われたから申請したのに酷くない??
#X(旧Twitterより)

悪い口コミ

なにもやましいことはないのに調査で給付金が出ない
がん保険に加入して約2年 癌と診断されて給付金を請求したところ調査が必要とかで2ヶ月経っても給付金が出ない。
その間 毎月の保険料は引き落とされている。
後日 給付金を払うことになった際に保険料はお返しするとのことだったが、謎。もう手術も決まり治療始まるのに。
みん評より




FWD生命とは

  • FWDは香港系企業
  • FWDグループは3つの基幹事業をアジアで展開している
  • FWD生命になるまでの流れ

FWDは香港系企業

FWDは香港のパシフィック・センチュリーグループの保健事業部として、2013年に設立されました。

現在では香港、マカオ、タイ、インドネシア、フィリピン、シンガポール、ベトナム、日本の8カ国に保険事業を拡大しています。

まだ若い企業ですが、急成長企業です。

FWD生命会社概要はこちら


FWDグループは3つの基幹事業をアジアで展開している

FWDは金融業だけではなく他事業も手掛けています。

  • 金融サービス
  • 通信・メディア・テクノロジー
  • 不動産開発

FWD生命は上記のうちの一事業です。

FWD生命になるまでの流れ

日本国内で「FWD生命」として営業を開始し始めたのは最近の出来事です。

1996年8月

富士火災海上保険会社が『富士生命』を設立

2013年4月

AIG富士生命へ社名変更

2017年4月

香港などに拠点を持つ保険会社のFWDグループがAIG富士生命の全株式を取得

2017年9月

FWD富士生命へ社名変更

2021年11月

FWD生命へ社名変更

ポイント

コロコロ社名変更をする保険会社は信用できないと言われても仕方ないくらい他社と比べて社名変更してます。

デメリット

  • 【デメリット①】がん診断一時金の2回目以降はホルモン剤治療だけだと対象外
  • 【デメリット②】保険料が高い
  • 【デメリット③】保険会社への信用度が低い

【デメリット①】がん診断一時金の2回目以降はホルモン剤治療だけだと対象外

新しいがん保険はがん診断一時金の2回目以降はホルモン剤治療だけでも保障対象になります。

スクロールできます
保険商品がん診断一時金
2回目以降ホルモン剤治療のみ
がんベストゴールドα給付対象外
SOMPOひまわり生命
勇気のお守り
給付対象
メットライフ生命
ガードネクスト
給付対象
なないろ生命
なないろがん一時金保険
給付対象
ネオファースト生命
ネオdeがんちりょう
給付対象
ポイント

細かい給付条件は各社パンフレットや約款で確認しよう。
自分で調べるのが面倒ならFPに無料相談して比較してもらうのがオススメです。

【デメリット②】保険料が高い

がんベストゴールドαは保険料が高いです。

同等内容ならがん診断一時金の2回目以降給付がホルモン剤治療だけで対象になるメットライフやネオファースト生命など他社の方が保険料を抑えられつつ保障が手厚くなります。

FWD生命のがん保険しか提案されていない

メットライフやSOMPOひまわり生命など比較できる保険会社がたくさんあるなんて知らなかった

このような人はセカンドオピニオンとして取り扱い保険会社豊富なFPに無料相談して比較すれば最適ながん保険が見つかります。

60社以上の金融機関と提携!がん保険は比較すると安くて良い保険が見つかります

【デメリット③】保険会社への信用度が低い

外資系企業が嫌だという人は一定数おり、さらに香港企業ともなると信用できないと感じる人も多いです。

FWD生命に拘らずとも、保険料が安く手厚いがん保険はたくさんあるので自分が納得できる保険会社を選びましょう。

ポイント

長く継続する保険なら保険会社へ不信感があるなら、違う保険会社に入ったほうが安心です。




メリット

  • 【メリット①】がん収入サポート給付金特約がある
  • 【メリット②】自由診療抗がん剤特約の保障額3000万円までと大きい

【メリット①】がん収入サポート給付金特約がある

がん罹患時の収入減少に備えられる「がん収入サポート給付金特約」が付けられます。

がん診断一時金の支払い自由に該当したら、最長70歳までがん収入サポート給付金月額を12回受け取ることができる現役世代向けのオプションです。

ポイント

保障期間を60歳・65歳・70歳までのいずれかで選べます。
終身保障でありません。

【メリット②】自由診療抗がん剤特約の保障額3000万円までと大きめ

自由診療抗がん剤特約の保障限度額が3,000万円までと、他社と比べて大きいです。

しかし、最近はそれ以上に限度額が高いがん保険も出ているのでFWD生命のがんベストゴールドα特有の強みではなくなってしまいました。

スクロールできます
保険商品自由診療抗がん剤保障
保障限度額保障期間
がんベストゴールドα3,000万円まで5年更新
SOMPOひまわり生命
勇気のお守り
がん治療給付金額×2を給付
(最大12ヶ月まで)
終身
メットライフ生命
ガードネクスト
1億円まで5年更新
東京海上日動あんしん生命
がん治療保険
1億円まで終身or10年更新
ポイント

5年更新や10年更新になってしまっても、自由診療抗がん剤の給付は少ないので保険料はほとんど変わりません。



現役FPぶっちゃけ!がんベストゴールドαは特別優れたところがない

近年新しいがん保険がどんどん出てきており、FWD生命の優位性がなくなっています。

がん収入サポート給付金特約と自由診療抗がん剤特約を同時につけたいと考えている人以外は、がんベストゴールドαに入る必要性がありません。

「なないろ生命」「メットライフ」「SOMPOひまわり生命」「ネオファースト生命」など保険料と保障内容のバランスが良いがん保険は必ず比較してから入りましょう。

60社以上の金融機関と提携!がん保険は比較すると安くて良い保険が見つかります

注意点・知っておくべきこと

  • 高額療養費がある
  • がん罹患率は60代以降に上昇していく
  • 若年層ほど罹患率が低いなら、保険料を払うより資産形成が優先事項!
  • 貯金があれば保険は要らない

高額療養費がある

高額療養費制度とは、医療機関や薬局の窓口で支払った額(※)が、ひと月(月の初め から終わりまで)で上限額を超えた場合に、その超えた金額を支給する制度です。

ひと月の治療費上限額は年齢・収入によって異なりますが、この制度によりがんになっても治療費の上限がある程度あることを考えると、数百万円、数千万円のがん保障はいりません。

69歳以下の収入別「高額療養費一覧」と一例
適用区分ひと月の上限額多数該当
(過去12ヶ月以内に3回以上、上限額に達した場合4回目から適用)
年収約1,160万円〜80,100円+(医療費−267,000円)×1%140,100円
年収約770万円〜1,160万円167,400円+(医療費−558,000円)×1%93,000円
年収約370万円〜770万円80,100円+(医療費−267,000円)×1%44,400円
〜年収約370万円57,600円44,400円
住民税非課税者35,400円24,600円
厚生労働省:高額療養費制度を利用される皆さまへ(平成30年8月診療分から)より出典
(例)年収370万円〜770万円の適用区分でシュミレーション

・ひと月の医療費100万円の場合(毎月100万円の医療費が掛かった場合の年間医療費目安)
実負担額:80,100円+(医療費100万円−267,000円)×1%=87,430円
年間医療費目安:661,890円(87,430円×3ヶ月+多件数該当44,400円×9ヶ月)

・ひと月の医療費300万円の場合(毎月300万円の医療費が掛かった場合の年間医療費目安)
実負担額:80,100円+(医療費300万円−267,000円)×1%=107,430円
年間医療費目安:721,890円(107,430円×3ヶ月+多件数該当44,400円×9ヶ月)

※ひと月10万円くらいあれば、がん医療費も問題ない※

ポイント

治療が長期化し高額療養費の多件数該当になると実負担額はより少なくなります。

70歳以上の収入別「高額療養費一覧」と一例
適用区分ひと月の上限額多数該当
(過去12ヶ月以内に3回以上、上限額に達した場合4回目から適用)
年収約1,160万円〜252.600円+(医療費−842,000円)×1%140,100円
年収約770万円〜1,160万円167,400円+(医療費−558,000円)×1%93,000円
年収約370万円〜770万円80,100円+(医療費−267,000円)×1%44,400円
年収156万円〜年収370万円57,600円44,400円
Ⅱ住民税非課税世帯24,600円24,600円
Ⅰ住民税非課税世帯
(年金収入80万円以下など)
15,000円15,000円
厚生労働省:高額療養費制度を利用される皆さまへ(平成30年8月診療分から)より出典
(例)年収156万円〜370万円の適用区分でシュミレーション

・ひと月の医療費100万円の場合(毎月100万円の医療費が掛かった場合の年間医療費目安)
実負担額:57,600円
年間医療費目安:572,400円(57,600円×3ヶ月+多件数該当44,400円×9ヶ月)

・ひと月の医療費300万円の場合(毎月300万円の医療費が掛かった場合の年間医療費目安)
実負担額:57,600円
年間医療費目安:572,400円(57,600円×3ヶ月+多件数該当44,400円×9ヶ月)

※ひと月6万円くらいあれば、がん医療費も問題ない※

ポイント

70歳以上は年金生活者が多く現役世代より収入が落ちるが、その分医療費の実負担額も落ちる!

がん罹患率は60代以降に上昇していく

国立がん研究センターの年齢別がん罹患率のデータによると、リスクが急速に高まっていくのは男女ともに60歳以降であることがわかります。

もしあなたが、60歳以降も治療費の心配なく治療を積極的に行いがんを治したいと考えるならがん保険に入った方が良いですが、そうでないなら年金生活になり高額療養費の自己負担額が下がる時期でもあり、現役世代より治療費負担が抑えられるのでがん保険の必要性は低いです。

また、子育て世帯はがん罹患率は全体から見ると低めですが、子供が小さいのにがんになってしまったら最も困る年代なのでがん保険の必要性は高いと言えます。

ポイント

子供の手が離れるまでがん保障を手厚く、安く持てれば良いならセコム損保の定期がん保険が人気です。

若年層ほど罹患率が低いなら、保険料を払うより資産形成が優先事項!

がん罹患率が低い60歳未満ならがん保険に月額3,000円の掛捨て保険料を払わず、その分を貯金に回して資産形成したいと考える人が増えています。

そうすれば、もしがんになってしまっても貯金からがん治療費を補填できるし、がんにならなかった場合でもお金があって困ることがないからです。

しかし、ただ銀行で貯金するならNISAを長く続ければ積立金が増える可能性が高く、がんに限らず将来のお金の不安を解消できるのでオススメです。

・銀行で積立

3,000円を30年間積立 → 108万円

・NISAで積立投資

3,000円を30年間積立投資 → 249万円(年率5%で計算)

ポイント

がん保険で何十年と掛捨て保険料を払うなら、元本保証はないが長期継続すれば元本割れリスクを抑えられ増える可能性が高いNISAで積立投資したいという人は多いです。

貯金があれば保険は要らない

もしあなたが1,000万円の貯金があり、がんになったらそのお金を全額使える状況ならがん保険は必要でしょうか。

ほとんどの人が貯金があればがん保険は要らないと言います。

そもそもがん保険は「がんになった時の治療費の補助」のために入るので、がんにならないと1円も保障されません。

貯金でカバーできるならがん保険に限らずどんな保険も入らない方が良いです。

でも、貯金がない人やこれから資産形成をしていこうと考えている人は、お金が貯まるまでにがんになってしまったら困ります。

その場合はがん保険で最も手厚いと言われているセコム損保の定期がん保険にお金が貯まるまで入ったり、終身タイプのがん保険で最低限の保障で保険料を抑えて入ると良いでしょう。

がん保険もNISAも全てまとめてFPに相談!あなたの資産状況によってはがん保険が要らないことも…/

なぜがんベストゴールドαをオススメされるのか

  • 【理由①】保険営業が儲かる販売手数料が高い保険だから
  • 【理由②】FWD生命以外の診断一時金特化型のがん保険の取り扱いがない

【理由①】保険営業が儲かる販売手数料が高い保険だから

がんベストゴールドαは販売手数料が高く、保険営業の評価や利益率が高い保険として有名です。

がんベストゴールドαにしかない特徴を求めて入るなら問題ありませんが、他社がん保険も必ず比較してから入らないと保険営業の養分にされてしまうので注意しましょう。

ポイント

保険営業は保険を売るのが仕事。
顧客よりも販売手数料を重視した保険営業もいるので注意しましょう。

【理由②】FWD生命以外の診断一時金特化型のがん保険の取り扱いがない

大型保険代理店ではない個人代理店などは取り扱い保険会社が少ないケースがほとんどです。

そのため、がん診断一時金に特化できるがん保険が他になかったり、取り扱い保険会社の中で最も保障内容が良いと思って提案してくることもあります。

でも、特別な事情がなければ狭い選択肢の中から敢えてがん保険を選ぶ必要性がありません。

また、健康状態によっては入れないこともあるので、もしがん保険入るなら取り扱い保険会社が多い保険代理店で比較してもらった方が最適ながん保険を見つけられるでしょう。

60社以上の金融機関と提携!がん保険は比較すると安くて良い保険が見つかります

がんベストゴールドαはやめたほうがいい人

  • 保険会社の評判を気にする人
  • がん診断一時金だけで加入したい人
  • 保険会社にこだわりがない人
  • 保険料を抑えたい人

仮にFWD生命の口コミや評判が良かったとしても、がんベストゴールドαより手厚く保険料が安いがん保険はたくさん出ているので選ぶ理由がありません。

もしも筆者の親族や親しい友人が、がんベストゴールドαに入ろうとしていたとしたら間違いなく止めますし、年齢や資産状況によってはがん保険に入ることもオススメしません。

60社以上の金融機関と提携!がん保険は比較すると安くて良い保険が見つかります

がんベストゴールドαの解約手順

  • 他社がん保険に見直し予定の場合の解約手順
  • 解約したらがん保険に入る予定がない場合の解約手順

他社がん保険に見直し予定の場合の解約手順

STEP
解約前に新しいがん保険を決めて入る

他社がん保険も入るときに健康状態の審査があります。必ず入れるか分からないのでまずは新しいがん保険を決めましょう。

STEP
新しいがん保険に入れたら、FWD生命に解約申し出
STEP
解約完了

解約申し出をして手続き完了すれば解約完了です。

ポイント

WEBページからの解約は24時間いつでも出来るし簡単なのでオススメです。

解約したらがん保険に入る予定がない場合の解約手順

STEP
新しいがん保険に入れたら、FWD生命に解約申し出
STEP
解約完了

解約申し出をして手続き完了すれば解約完了です。

ポイント

新しいがん保険に入る予定がないならすぐに解約しちゃいましょう。

がん保険を損なく加入したい人へ

  • がん保険はたくさんあってどれを選べば良いかわからない
  • FWD生命以外のがん保険を提案されなかった
  • がん保険に入るなら保険料を抑えたい
  • 今の自分の状況でがん保険が必要なのかから教えてほしい

たくさんの保険会社からがん保険が販売されているので、どのがん保険が自分に最適なのか迷う人は非常に多いです。

考えるのが面倒になり知名度だけでアフラックに入ったという人もいますが、がん保険で必要な保障は人それぞれ違うので、しっかり考えを整理し、比較して加入しないと無駄な保険料を払うことになるかもしれません。

もしがん保険に加入するなら、複数の保険会社を取扱う保険代理店で自分に合ったがん保険を探してもらいましょう。

このように思うなら、東証グロース市場上場企業のブロードマインド(株)が運営する保険・投資信託・住宅ローンなど幅広い金融商品を加入までまとめて相談できる【マネプロ】でセカンドオピニオンを含めて相談することをオススメします。

知識豊富なFPが担当してくれるマネプロは特定の金融機関に属さない、資産形成に精通したFPに相談できるので、最適な貯金方法は何か、変額保険・NISA・iDeCoなど保険以外の金融商品との違いを詳しく比較しなら、あなたに最適な保険と貯金方法が見つけられる。

FPへの相談はあらゆるお金の悩みを相談可能で、保険だけじゃなく投資信託や住宅ローンなども加入までまとめて相談できます。

スマホやタブレットで、どこでもオンライン相談もできて、押し売りは一切なしとホームページで公言しているので安心です。

FPはお金の専門家なので金融、税制、不動産、住宅ローン、保険、教育資金、年金制度など、避けては通れないお金の悩みをなんでも相談できるのがメリットです。

保険以外の金融商品もまとめてFPに無料相談できるマネプロで、まずは気軽に無料相談をしてみましょう!

60社以上の金融機関と提携!がん保険は比較すると安くて良い保険が見つかります



まとめ

《この記事の結論》
FWD生命のがん保険は保険料が高い!もし入るなら他社比較は必須!

FWD生命のがん保険と同等内容で保険料が安いがん保険はたくさんあります。

もしがん保険に入るなら最低3社以上は比較してから入りましょう。

がん保険はそもそも必要なのか、どのがん保険が最適なのか、最適な資産形成方法など、あらゆるお金の悩みは保険以外の金融商品もFPに加入までまとめて相談できる【マネプロ】なら、あなたの悩みをすべて解決できます。

60社以上の金融機関と提携!がん保険は比較すると安くて良い保険が見つかります

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大手保険代理店系FPとして10年以上勤めています。
保険やお金について無知な方が非常に多く、保険代理店や外交員の良いカモにされてしまっているお客様を何百件もみてきました。
このブログはそんな方を少しでも減らせるように、保険やお金の知識武装をして欲しいと考えて立ち上げました。

目次